「ほっ」と。キャンペーン

タグ:Vie quotidienne 日々 ( 26 ) タグの人気記事


2009年 06月 10日

Cocktail de remise du Prix de Thèse 博士論文賞受賞式カクテルパーティー

今日、2007 年に審査された博士論文の中から選ばれた「博士論文賞(Prix de Thèse)」の受賞式がありました。受賞者はDroit-Eco-Gestion(法・経済・経営)の部門から二人、Sciences Humaines(人文科学)の部門から二人です。
受賞式といっても格式張ったものではなくて、メダルと賞状の授与の後それぞれ受賞者が短いスピーチをして、その後昼食をかねたカクテルパーティーcocktailがありました。

こういうのに行くと同業者ではなくても結構いろいろな人に会えるので刺激になります。
受賞式が行われた場所はローヌ河から近い建物で、リヨンのフォルヴィエールと旧市街地が見渡せる所です。この季節にここで行われるカクテルパーティは見晴らしも良くてとても気持ちがいいです。

招待状を受け取ってはいたものの、行かないでおこうかと思っていたのですが(どうも最近気ぜわしくて。。。)、結局行って良かったです。こういう立食パーティーで食べながら話すと親交も深まりますし、和やかな雰囲気で話せるのがいいところですね。
結構いろいろな人がいて、久しぶりにお話をすることをできた人もいたので嬉しかったです。
[PR]

by mizuhofr | 2009-06-10 01:31 | Vie quotidienne 日々
2009年 06月 07日

Salade de riz ライスサラダ

b0182143_2119185.jpg

温かくなってくるとさっぱりしたものが食べたくなって、パスタサラダとかライスサラダをよく作るようになります。

お米のサラダ、Salade de rizをつくりました。

お米は日本米ではなくてインド米のバスマティを使いました。ライスサラダの場合は日本米よりもタイ米やインド米の方が合うんじゃないかなと思います。

ご飯を炊いて、lardon(ベーコンで代用できます)をカリカリに炒めて、ピーマン、トマトを小さく切って混ぜます。
私は温かくても美味しいと思いますが、ちょっと冷やしていただきます。私の同居人のPちゃんは扇風機で冷ましていました(笑)。
それにSauce vinaigrette(ビネグレットソース)をかけてBon appétit !ちなみにパスタサラダの方は、ご飯がパスタになります(笑)。

ビネグレットはMoutarde(西洋マスタード)、お好みのvinaigre de vin(ワインビネガー、もしくはお酢)、オイル、塩、胡椒でつくるドレッシングです。
今日のはバルサミコを使ったのでちょっと黒いですね。

中に入れる野菜を変えたり、ゆで卵を刻んでいれたり、チーズを入れたり、オリーブを入れたり、lardonの代わりにツナにしたりハムにしたりして色んなバリエーションが楽しめます。

ビネグレットソースを美味しくするのが決め手です。味のアクセントのためにオリーブのペーストを入れたり、辛みになるものを入れても美味しいです。

簡単で食べやすいのでうちでは暑くなるとSalade de pâtesやSalade de rizが頻繁に登場します。
[PR]

by mizuhofr | 2009-06-07 22:13 | Repas 食
2009年 06月 04日

私の好きなキヌアサラダSalade de quinoa

b0182143_2112086.jpg


前のブログでもキヌアについて書いたことがあります。栄養バランスがとれていて、体にいい雑穀キヌア。
夏らしくさっぱりサラダをつくりました。

そのことを書いた記事はこちら

キヌアを煮て、ざるにとって水をきります。角切りにしたトマトときゅうりを混ぜてそこにビネグレットVinegretteを混ぜて冷蔵庫で冷やします。
シンプルなキヌアサラダにオリーブオイルとマスタード、バルサミコ酢、塩、胡椒で作ったビネグレットVinaigretteがとっても合います。

最初に私がキヌアを食べたのもサラダでしたが、よく冷えたキヌアサラダは夏にピッタリです。

私はキヌアの食べ方では冷た〜く冷やしたサラダが一番好きかもしれません。
[PR]

by mizuhofr | 2009-06-04 21:06 | Repas 食
2009年 06月 04日

かわいそうな(誰が?)

私だったら、彼に振られたという理由で夜の三時に友だちに電話しようとは思いません。

。。。といきなりですが(笑)。



私はアパートをフランス人の同居人Pちゃんとシェアしているんですが、奴は私よりも随分と年下で、今や「フランスの弟」と化している人です。
今修士論文の最後の土壇場で忙しくしていて、夜も随分と遅くまで起きています。
私もちょっとその生活リズムに感化されて(?)次の日仕事のくせに夜更かししていたのです。

夜中、Pちゃんが私の部屋に来た音がしたので「まだ起きてるの。明日仕事なんだから寝ないとダメだよ」とでもいいに来たのかと思ったら(よく言いにくるので(笑))

何だか様子が違います。
P「ちょっと今からX子の所に行ってくる」 
私「??!!!??............ °\o/°」
三時です!こんな時間に何しに行くの?私が言葉を発する前に

P「X子がY男に振られて泣きながら電話かかってきた。」
私「。。。。。Y男と仲がいいのは知っているけど、X子ともそんなに仲がいいの?」
P「いや。でも僕が夜遅くまで起きてるを知ってるから電話してきたんだと思うよ。」

呆れた、というか腹が立ってきました。
Pも実は寝ていたらしいんですが、携帯は切っていなかったので、携帯の音で起こされてしまったようです。

修士論文をまさに明日まで仕上げようというその時に、彼氏に振られた友だちから電話がかかってきて、一人ではいたくないというその子ところへ行く。遠くないし歩いていけるところなのでいいと言ってPちゃん、コンピュータ持参で話を聞きに行きました!
青春ですね〜。大人でもあるかもしれまが、久しぶりにこういうのに遭遇しました(笑)。細かい内容は割愛しますけど(笑)。

X子には同情しますが、私の同居人PちゃんもPちゃんです。私もPちゃんの論文のことで心配していたところなので、なんで今行く必要があるの?とこの状況に腹がたってしまいました。でも人間が出来ているPは「こういう時、一人で居たい人もいるけど、一人ではいてもいられない人もいるんだよ。」と恋愛エキスパートのようなことを言って、心配しないでねと言って静まり返った夜の街に出かけていきました(笑)。Pのことを心配していた私はチッ、しょうがないなとふてくされておりました。

私が失恋したとしたらあまり人に言いません。言いたくないです。でも友だちみんなに言いまくるという子もいますし、これについても皆いろいろですね。それにしても、自分が大変なのに、そんな時にも友だちの元へ行くPちゃん、出来た奴です。

ちなみにPちゃん、朝まで話を聞いてあげて、ちょっと仮眠をとり無事に仕上げました!エラい!まあ選択肢はなかったわけですけどね(笑)。
ヨカッター!
[PR]

by mizuhofr | 2009-06-04 09:20 | Vie quotidienne 日々
2009年 05月 30日

祝日ではなくなって、また祝日になった日

来週の月曜日6月1日はLundi de Pentecôte (ランディドゥパントコット)「聖霊降臨」でフランスはキリスト教の祝日です。
Pentecôte(パントコット)はPâques(フランス語でパック、復活祭:十字架に架けられて死んだイエス・キリストが三日目によみがえったことを記念する)から数えて50日の日曜日。移動祝日で毎年日にちが違います。

フランスでは長い間この日は祝日だったんですが、ここ数年この祝日をめぐっていろいろと動きがありました。

2003年の夏の猛暑(Caniculeカニキュル)でフランスでは1万5千人のお年寄りが亡くなったと言われています。この猛暑の悲劇にちなんで、翌年の2004年からはパントコットの日はみんな無償で働いてこの日に働いた分の稼ぎはお年寄りや障害を持つ人への寄付金にするということになりました。

パントコットを休みとするか無償で働く日にするかは各会社で決めることになりましたが、政府の対応が遅いせいでたくさんのお年寄りが亡くなったのに、祝日を一日減らして働かせるのか〜!などの不満がたくさんあって、メディアを騒がせていました。

いろいろと物議をかもしましたが、結局去年2008年からはパントコットは今まで通り祝日にする、という法令が通りました。でも、休みは休みでも働いている人にとっては一日の無償労働は変わりません。
この日が祝日には代わりはないのですが、この日の分の代わりに一日分有給をなくす、もしくは七日間普段より余分に一時間働く、などという対処がとられることになったからです。

フランスも日本と同じく高齢化社会が進んでいるので、政府も増える一方のお年寄りのための資金確保を何とか工面したい、というのもあるんでしょうね。

ところで、フランスでは祝日を知っておくことは大事です。って、そんなのは知ってるのが当たり前かもしれませんね(笑)。でも知っておかないといけないというのは、祝日はお店も閉まってしまうからです。つまり、スーパーも閉まっています!
コンビニもありませんし、フランスは日本のように日曜日も普通にスーパーは開いていません。
それでも最近は祝日でも開いているスーパーも出てきて「◯◯日(祝日)は12時(お昼の)まで開いています」とかの張り紙がしてあったりします。お昼以降も開いていたらもっとありがたいんですが(笑)。
[PR]

by mizuhofr | 2009-05-30 23:30 | France 仏蘭西
2009年 05月 29日

Pain perdu パン・ペルデュ

たま〜につくりたくなるのがPain perduパン・ペルデュ、フレンチトースト。

固くなりかかっているバゲットの姿を見ていると、「このパンを救出したい」というのが潜在的に頭の中でフレンチトーストに結びつくのかもしれませんね(笑)。
でも意外とそういう時に限って牛乳がないとか卵がないということが多くて無念の思いをしているのですが、今回は材料が全て揃っています。
b0182143_22171831.jpg


続きはこちらから Lire la suite
[PR]

by mizuhofr | 2009-05-29 22:27 | Repas 食