「ほっ」と。キャンペーン

タグ:Pensée 考 ( 8 ) タグの人気記事


2009年 09月 07日

黒髪ストレートって希少価値

(今日のはちょっと長いです)
私の昔のリヨンの職場の同僚の一人でいつもきれいに髪を染めている50代ぐらいのマダムがいました。本当の年齢は分かりませんがとても綺麗でおしゃれな方で、秘かに憧れていたものです。

落ち着いたダークレッドの髪の色で、彼女の年齢だとそのぐらいの色の方が華やかで綺麗に見えます。でももしアジア人が同じダークレッドに染めたらちょっと下品になってしまいそうな色です。
明るい色の目に合っていて、自分を知っているから出来るこの色だなと感心します。

ヨーロッパ人は日本人とは肌の色、眼の色、顔つきも違うし、髪の色を変えるのは特に珍しいことでもないし、アジア人だったら合わないような髪の色なんかも似合っていたりします。

ところで、私はフランスに来たころはショートヘアでフランスの美容院でショートにしてもらっていた時期もありますが、髪が伸びていつの頃からかずっとロングです。
ロングだと美容院にしょっちゅう行かなくてもいいという利点もありますが、フランスでマイノリティのアジアの黒髪を保ちたいという深層心理は自分の中にあったのではないかと思います(笑)。

フランスでよく聞かれるのはアジア人の黒髪が綺麗だということ。髪をよく染めるフランス人の彼女達も「みどりの黒髪」はとても美しいと思うそうです。

冒頭の気品のあるマダムも、職場で髪の話になった時、自慢げに
「私が若い頃はmizuhofrみたいに真っ黒な髪だったのよ。綺麗に黒く染めていたの。本当にこのぐらい黒くて長かったのよ!」と私の髪をしげしげと見ながら言っていました。彼女にとって、まっくろいストレートの黒髪ってそんなにいいのかとその時思いました。
ヨーロッパでは真っ黒な髪の人は少ないので、真っ黒い髪を持ったアジア人の髪は美しいとされているようです。

フランスでは素晴らしいと言われる黒髪ストレートロングも日本に行くと「重すぎる」と言われたりします。
日本では元々黒い髪の印象を明るく、軽く見せる方がいいようですね。髪のこと以外でもフランスの感覚で日本に帰ってきて、一時帰国でちょっとビックリしたことは多々あります。

直毛の髪について、フランスでは
「mizuhofrの髪は元々真っすぐなのか、それともストレートのパーマをあてているのか」とよく聞かれました。日本人にしてみたら、クリクリしている髪の方がずっと珍しくて逆にまじまじと見てしまいますけどね。
そういえば、髪の長いフランス人で元々かなりウェーブのかかった子が日本に来て「そのウェーブはどうやって手入れをしているのか」と日本人に驚かれたと言いますが、その子は何もしていないのに、ということを話していました。
つまり、お互い様ですね。

髪を短く切ってしまおうと何度も思ったのですが、髪が長いと冬に便利、それに皆に「切るな切るな、もったいない」と言われつづけて、結局長いままです。

長い髪が便利というのは、冬が寒いフランスでは髪が長い方が温まるからです(笑)。
冗談のようですが、本当で、髪は毛皮と同じ効果があります(笑)。フランスは冬とても寒いので、冬に帽子をかぶらないで外に出て、「寒い!頭皮まで凍りそう」と思いながら帽子をかぶって来なかったのを後悔したことが何度もありました。

ただ、フランスは乾燥しているので、髪も乾燥します。
髪のケアで私が使っていたのは日本から持ってたあるものでした。
前、日本に一時帰国している時に、父が大島の椿油を買ってきてくれました。
http://www.tsubaki-abura.com/
(話題がずれますけど、椿油で揚げた天ぷらってとても美味しいそうですね^-^。)

椿油、懐かしいなと思ってさっそく使ってみると、これがなかなか良いんですよね!
以来、昔ながらの椿油を使い始めました。
少量を(付けすぎないのがポイントです)全体に伸ばして使うと髪が落ち着きます。日本で行っている美容室で、椿油を使い始めたと言ったら、椿油は少量指につけてまとめれば後れ毛も直せるし、優れものだよと言っていました。
さすが数世紀にも亘って日本で使われている椿油ですね。
b0182143_0413053.jpg

日本に帰ってきて、暑いので髪を切ってしまおうかと思ったのですが、ここまで長くなってしまうと決心がつきづらくなって、それともうすぐ寒くなるというフランスにいた時のの季節感覚が残っていて、もうしばらくは長いままでいようかなと思っている今日この頃です。
[PR]

by mizuhofr | 2009-09-07 01:01
2009年 08月 28日

数字上でもやっぱり悪いお隣さんの印象

ロシア語を話すフランス人がヴァカンスでロシア語圏に旅行に行ってきたということをメールで書いてきていて、良い旅行だったようですが、その中で遠慮がちに、
「日本ってロシアと北方領土問題があるけど、今はサハリンには日本人は行けるのか。サハリンに旅行に行こうと思えば行けるの?サハリンってまだロシア領なの?日本とロシアの関係ってどうなの?」
等なにげなくメールに書かれていました。

丁度ニュースで「日本人の半分以上、中国人の半分以上がお互いの国に対して好ましくない、又は、どちらかといえば良くないという印象を持っているという結果が出た」という話題を見たばかりだったので、日本ではロシアよりは中国の方がイメージはよっぽど悪いんじゃないかと思うよ、と書こうかと思ったのですが、日中関係の悪さを彼女に書く必要もないし(どちらにしても日中関係が悪いことは書かなくても彼女は知っていますが)、中国について書くのは辞めました。

それにしても、具体的に数字として出てくるとこれはかなりの割合ですね。
こちらがニュースの内容です。
NHKニュース“日中 相手にマイナス印象” (2009年8月26日 18時41分放送)
http://www.nhk.or.jp/news/k10015115321000.html#
(著作権の問題でニュースをこのブログに引用することはできないようなので、リンクしておきます。出典元を書いてもだめなんでしょうか。)

確かに私が今年イタリア旅行に行った時に出会った日本人も中国は嫌だとはっきり言っていました。はっきりとどこか特定の国を嫌だという人はフランスでは珍しいことなので、初対面の私に対してそういうことを言ったという事は私にとっては結構ショックでした。外国で久し振りに会った日本人ということで何気なく言ったのかもしれませんが。

中国側では歴史問題が未だにネックで、日本側は餃子問題などの中国政府の対応への懸念というのが多いようです。(あんまりこういうことを書いてマークされるといけないのでこのぐらいにしておきます。)

フランスで会った中国人が日本人について言った言葉で「おや?」と思うこともありましたし、中国人の中では素直にフランスに来てから日本を見る目が変わったと言っている子もいました。
一度持った悪い印象を拭い取るにはかなり時間がかかると思うのですが、国レベルでの人間関係は難しいですね。中国ではなくても、国に対して持っているイメージって、良いにしろ悪いにしろ、あると思います。
[PR]

by mizuhofr | 2009-08-28 10:33 | Pensée 考
2009年 08月 07日

タレントの覚せい剤所持ってそんなにニュースになることですか?

今日何気なくテレビを見ていたら酒井法子さんの覚せい剤所持の疑いについてやっていて、19時のNHKニュースを見ていたらトップニュースで酒井法子さんについてやっていたので驚きました。酒井法子さんが覚せい剤を持っているから驚いたのではなくて、報道の仕方にです。

◆参考
酒井法子容疑者に覚せい剤容疑で逮捕状
(2009年8月7日14時37分 読売新聞)

よく日本では芸能人が麻薬や覚せい剤を持っていたということで騒ぎ立てられますが、こんなにもニュースにすることなのでしょうか。確かに麻薬・覚せい剤所持は違反です、でもこれでは報道の程度が大袈裟すぎると思います。
フランスなら一人のタレントが覚せい剤を所持しているということでここまでニュースになることはありえません。ニュースにさえならないと思います。所詮個人の問題ですからね。

よっぽど他にニュースがないのか、芸能人のニュースは視聴率が取れるからなのか。

覚せい剤を所持ということで酒井さんのCMを放映自粛にする、ホームページから映像を外すことを検討。日本社会ではそうしなければいけないのかもしれませんが。。。タレントが問題になると毎度こうですね。
それ以前に、もっとニュースにするべきこと、興味深いニュースがあると思うのですが。

気になったので書きましたが、独り言です。
[PR]

by mizuhofr | 2009-08-07 19:46
2009年 06月 27日

是枝裕和の映画を2本みて Kore-eda

b0182143_1711415.jpg
この前「歩いても歩いても」Still Walkingを観に行きました。
映画自体はとても気に入ったんですが、一緒に観に行った子のことでいたたまれなくなってしまいました。
その子は大事な人の突然の死というものを比較的最近に経験した人です。

お墓参りのシーンやらでその子は静かに泣いていました。「おくりびとは個人的理由で見たくない、良い映画には違いないんだろうけど。」と言っていた彼。今日の映画館では普段彼が見せない隠していた部分を見てしまったようで、映画の場面が横にいる彼の涙へ思いにすり替わってしまいました。

というわけで「歩いても歩いても」Still Walkingは映画以外の所で少し心を動かされてしまったところもあったんですが、この映画とても美味しそうなものや、料理をしているシーンがたくさんありますね。とうもろこしの揚げたのが美味しそうでした!

一緒に映画をみた子たちの中に韓国人の子もいて、この映画を観てこういう日本食を食べたくなったようです。さすがに、要望のレベルが高い!! この映画に出てくる料理って家庭料理です。日本人の私にとっては、いいなあ〜というものでしたが、同じことをお隣の国の子も思ったようです。
日本食が食べたい、イコール、寿司が食べたい。というのとは違います(笑)。

ブルーライト・ヨコハマが懐かしい!帰ってからYou Tubeで聴きまくりであります。

海外でみているせいかなのか、ものすごく日本を感じる映画でした。いろんな意味で。


b0182143_17143639.jpg

私は2004年のカンヌで柳楽優弥が主演男優賞をとった「誰も知らない Nobody Knows」をまだみていなかったので、歩いても歩いてもをみた後で友だちから借りて見ました。

これは題材がまず凄まじいですよね。1988年の巣鴨子供置き去り事件を題材にしているということですが、考えさせられてしまいます。映画自体は好きですが、悲しくて残酷ですね。やるせなくなります。

主演の柳楽優弥、すごくいいですね。表情がまずいいですね。確かにこれだったら主演男優賞もうなずけるなと一人で納得していました。
ある人に「誰も知らない Nobody Knows」をみたけど、あの子(柳楽優弥)いいよね〜と言ったら、「うん。今どうしてるの?」と聞かれました。

◆歩いても 歩いても公式ページ

◆誰も知らない Nobody Knows 公式ページ
[PR]

by mizuhofr | 2009-06-27 17:19 | Cinéma 観
2009年 06月 20日

入院する理由

私が今住んでいる所に引っ越してきてから何かと精神的にお世話になっている人がいるんですが、その人のおかげでいろいろなフランス人を知るきっかけにもなりました。

この前私たち共通の友だちの最近の消息について話していて、ある人が今病院にいるということを聞いて少しビックリしました。鬱病だそうです。

ちょうど同じ時に私の知り合いで入院している人がいましたが、彼女の場合は赤ちゃん誕生のため。

同じ入院するということでも理由によって受け取る印象が違いますね。
赤ちゃんのための入院なら嬉しいニュースですけど、鬱病で入院というと心配になってしまいます。
ものすごく親しい人というわけではないので、細かいことは分かりませんが入院する程となると大丈夫なのかなと思います。

鬱病って日本でも結構あるようですが、フランスもです。私の主治医が鬱病が多いと嘆いていました。私の知っている人でも研修中に鬱病になってしまって、研修を中断せざるをえなくなったという人もいました。

思い返してみると結構いろいろと聞いた言葉です。知り合いの知り合いとか。
同僚の家族で鬱病で自殺してしまった人がいて、すぐに帰省していた人もいました。どんなに辛かったかと思います。
彼女は今でも私の良い同僚ですけど、あのニュースを聞いたときは私も相当ショックでした。

鬱病で大変な思いをしている人を何人か知っているので、鬱病と聞くとギクッとします。
そういえば、かなり前に仲のいい人に「私ウツで〜」と言ったらおいおいそんなこと言うなよ心配になるから〜と言った人がいました。
[PR]

by mizuhofr | 2009-06-20 13:06 | Pensée 考
2009年 06月 19日

ある日本人に会って

フランス人の友人の紹介である日本人の方に会いました。
大体私と同じぐらいの期間ヨーロッパ(フランスとドイツ)にいて、9月からは東京ということです。
初対面でしたが、友人から何度も名前を聞いていた人で、「ああこの人が!」ととても面白かったです。

お互いやっている分野は違いますが海外で長期間暮らしていて感じることなども似ていたのでなんだか奇妙なぐらいに面白かったです。久しぶりに良い刺激を受けました。

同じぐらいの期間海外にいても、考え方や人生観は人それぞれです。ヨーロッパで暮らして感じることも人によって違いますが、よく似た感覚の人に会ったということ。なんだか、やる気がでます。こちらでこういう方に会うのはちょっと珍しいことかもしれません。ドイツから仕事関連でリヨンに来ていた間に会えたということで、良かったです。こういう機会をつくってくれた友人にも感謝。

ローヌ河沿いのカフェで飲みながら話して、夕陽が沈むのがとても綺麗だったのでカメラを持って来なかったのを皆で後悔しました。
[PR]

by mizuhofr | 2009-06-19 07:17 | Vie quotidienne 日々
2009年 06月 12日

修士論文の公開諮問へ行って

うちの大学の日本文化学科の修士論文(master 2・旧 DEA)の公開諮問がありました。

私は成り行き(笑)で行くことに。諮問を受けるうちの3人の論文をほ〜んの少しだけ手伝ったので行きたいなとは思ってはいたのですが、本当に行くことになりました。

寺山修司関連の論文が二つもありましたが、2人ともまったくちがった方向性で書いていて、2人ともものすごく良かったようです。

私は日本語からフランス語への翻訳などを少し手伝っただけなのですが、論文の「謝辞」のところに私の名前が書いてあったらしく、ある先生から「あなたの名前をたくさん見かけたわよ」と言われて、それがきっかけで「口頭諮問にいらっしゃいよ」ということになったのでした。ちなみに、そのことは知らなかったのでなんとなくこそばゆい気がしました。

私が修士の諮問をした時は口頭でちょと論文について話して、先生のコメントに質疑応答があって、という感じでした。今回の諮問も基本的には同じでしたが、発表の時パワーポイントを使う学生が多くて諮問の時間も私の時よりも長く感じました。感じただけかもしれませんが(笑)。

今日の諮問は修士論文の公開諮問でしたが、修士、博士に関わらず、論文を書くのに一番必要なものは情熱だと思います。理系はちょっと違うのかもしれませんが、人文科学系だと一般的に自分のやっていることに情熱を持っている人ほど良いものを書く傾向があります。「論文」でなくても、それは何かをやる時の原動力になるもので、反対に、それがないと書けない(成し遂げられない)でしょうね。
もちろん、情熱だけで書けるわけではありませんが、それがなければなにも始まらないということです。精神的に支えてくれる人、良き理解者も必要です。

博士となると期間も長いし、授業というものも実質はないと同然なので、自分との戦いになります。
修士でいい点をとってもこれから博士課程に行かないという人の理由として、経済的に無理という人がいます。確かに働きながら自分の論文を書くというのは大変です。仕事だけでもノルマがあって、やるべきことがあるのに、それプラスさらに自分の論文というと肉体的にも精神的にも大変です。私なんて自分の仕事だけでもかなり疲れてしまいます。

そういう理由もあって何年も博士課程をやっている人もいるのかもしれませんが、奨学金をもらって整った環境で集中して仕上げられれば良いに越したことはないんですよね。でも奨学金をもらっていても年数がかかる人もいます。

博士論文へ行くときは熟慮の上でというのが賢い選択です。
考え方いろいろ、人生いろいろですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ

↑細々とランキングに参加してみることにしました。本人のやる気が出るというだけですが、クリックしていただけると嬉しいです。
[PR]

by mizuhofr | 2009-06-12 05:13 | Pensée 考
2009年 06月 02日

ちょっと回想、そしてこれから

[帰国] ブログ村キーワード
このブログを始める前にフランス生活について徒然と綴っていたものを終わりにして、このブログを始めたわけなんですが、前に持っていたブログを閉じることにしたのは、フランスから日本へ帰国することが決まったからです。他にもありますが、やっぱりこれが一番です。
正確に言うと帰国というのは、資料収集のためなのですが、一年も日本で暮らすということはやはり「帰国」と言っていいと思います。

七年間のフランス生活、いろいろなことがありました。そのすべてをブログの上に書くことは私にはできません。プライバシーというのもありますが、自分をさらけ出すというのは勇気が要ります。でも最近他の方のブログを読んでいて凄いなと思うことは、自分の心の内までブログに書いておられる方々です。心の内を綴っておられていて、勇気がある方々だなと思うと同時に、心の内を公に書いた方がかえって自分の気持ちの整理にもなるのかなとも思います。
書いておられる方のことは個人的には知りませんが、心にズンときます。

私が自分の思っていることを書くことにするかは分かりませんが、それは置いておいて。

日本に帰るということで、私の周りのフランス人の反応もいろいろです。家族や友だちに会えて嬉しいでしょう、と言われます。でも七年もこちらにいると、生活の拠点がもうフランスになってしまっているんです。
正直に言うと、日本での新生活は少し不安です。フランスで生活するのが当たり前で、友だちも今やフランスの方が多いです。日本へ帰るということが決まった時、嬉しさよりも不安の割合の方が大きかったということをここで白状します。

心配しても仕方がないことだと分かってはいますが、人との付き合い方もヨーロッパとは違う日本。社会のシステムも価値観も習慣も違います。最初のうちは慣れるのに大変だろうなと覚悟しています。海外暮らしが長くて日本に帰る人が慣れるのに苦労すると聞きますが、私もそれを今から体験しようとしています。すぐに慣れるんでしょうけど。

でも一方で日本にあってフランスにないものもあります。第一に家族、親戚がいます。9月からは家族や親戚が私のご近所ということになるので、遊びに行ったりというのも簡単です。顔を見て、一緒に歩いて、一緒にご飯を食べて、というのはやっぱり違います。第二に日本の四季。フランスでどれだけ桜を見たかったことか。桜の季節にいつも例えようのない淋しさを感じていたのは桜を見たいという私の日本の心からです。梅雨でさえ懐かしい程です(笑)。三番目、お寺や日本にしかない場所に行けること。たぶん長い間日本にいなかった私はちょっとした日本の観光客になるのではないかと思います(笑)。

その他、食に関してはもちろん日本食は食べたいですが、フランスはフランスで美味しいものがあるし、私は日本食がないとどうしても我慢できないという方ではありません。
でも、日本にいるからには日本で食べられるものをたくさん食べたいです。こちらで物質的に高い日本食なので、日本食を普通に食べれるというのは当たり前のようでいて、実は凄いことですからね。

それにしても、インターネットというのは本当にすごいもので、今やWIFIのおかげでコンピュータさえあれば、街でもインターネットが出来ます。日本ではこれが携帯でできてしまうんですよね?(日本に行ってまずすることは携帯を買うことかもしれません。)
思えば七年前のフランスは今程インターネットが普及もしておらず、日本とのコミュニケーションも大変でした。当時フランス一年目の私がいたモンペリエ大学ではインターネット室の環境は最悪で、インターネットを使うためだけに無駄に多くの時間を使ったものでした。どんどん便利になっていく世の中が少々恐ろしい気もします。

当時のホームステイ先ではインターネットを使わせてもらえず、電話もだめで、バスで街の中心地のネットカフェまで行ったものでした。あのころは本当に必要最低限の日本とのコミュニケーションしかしていなかったので、友だちとの連絡はおろそかになって、あの頃に日本の友だちを少し失ったかもしれません。今の時点でまだメールを出せば返事をくれる友達の存在は本当にありがたいものだと思っています。

このインターネットという素晴らしい媒体を使って一人の日本人の日記やつぶやきをネットの波の中に参れ混ませられるのなら、これを利用しない手はないです。というわけでブログは場所を新しくして続けることにしてみました。

9月から少なくとも一年間は日本で生活することが分かっています。心の整理はまだ出来ていませんが(物質的な整理も(笑))、どこにいても私は私というのは変わりません。La vita è bella ! というのはご存知イタリア語で「人生は美しい」。どういう人生になるかは自分自身と運次第。フランスにいようが、日本にいようが、どこにいようが、La vita è bellaです!

長いのにここまで読んでくださった方、ありがとうございます。

++ 今日の気に入った言葉 ++

「全勝優勝は一度もなかった。
いつも、序盤戦で土を付けられた。
それでも、
そこからガタガタ崩れることなく、
気持ちを入れ直して優勝をつかんできた。
それが、私の誇りだ。
それが、私が相撲で学んだ勝負魂だ」
曙太郎(Kー1ファイター、元横綱)『曙』より


実は曙の大ファンの私。今日本にいないので大相撲時代の横綱曙しか知りませんが、日本という外国で、角界という厳しい世界で、よくがんばってこられたと思います。K1では振るわないようですが、応援しています!
[PR]

by mizuhofr | 2009-06-02 06:43 | Pensée 考