どこにいても La vita e bella !

mizujapon.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Cinéma 映画 ( 16 ) タグの人気記事


2009年 06月 27日

是枝裕和の映画を2本みて Kore-eda

b0182143_1711415.jpg
この前「歩いても歩いても」Still Walkingを観に行きました。
映画自体はとても気に入ったんですが、一緒に観に行った子のことでいたたまれなくなってしまいました。
その子は大事な人の突然の死というものを比較的最近に経験した人です。

お墓参りのシーンやらでその子は静かに泣いていました。「おくりびとは個人的理由で見たくない、良い映画には違いないんだろうけど。」と言っていた彼。今日の映画館では普段彼が見せない隠していた部分を見てしまったようで、映画の場面が横にいる彼の涙へ思いにすり替わってしまいました。

というわけで「歩いても歩いても」Still Walkingは映画以外の所で少し心を動かされてしまったところもあったんですが、この映画とても美味しそうなものや、料理をしているシーンがたくさんありますね。とうもろこしの揚げたのが美味しそうでした!

一緒に映画をみた子たちの中に韓国人の子もいて、この映画を観てこういう日本食を食べたくなったようです。さすがに、要望のレベルが高い!! この映画に出てくる料理って家庭料理です。日本人の私にとっては、いいなあ〜というものでしたが、同じことをお隣の国の子も思ったようです。
日本食が食べたい、イコール、寿司が食べたい。というのとは違います(笑)。

ブルーライト・ヨコハマが懐かしい!帰ってからYou Tubeで聴きまくりであります。

海外でみているせいかなのか、ものすごく日本を感じる映画でした。いろんな意味で。


b0182143_17143639.jpg

私は2004年のカンヌで柳楽優弥が主演男優賞をとった「誰も知らない Nobody Knows」をまだみていなかったので、歩いても歩いてもをみた後で友だちから借りて見ました。

これは題材がまず凄まじいですよね。1988年の巣鴨子供置き去り事件を題材にしているということですが、考えさせられてしまいます。映画自体は好きですが、悲しくて残酷ですね。やるせなくなります。

主演の柳楽優弥、すごくいいですね。表情がまずいいですね。確かにこれだったら主演男優賞もうなずけるなと一人で納得していました。
ある人に「誰も知らない Nobody Knows」をみたけど、あの子(柳楽優弥)いいよね〜と言ったら、「うん。今どうしてるの?」と聞かれました。

◆歩いても 歩いても公式ページ

◆誰も知らない Nobody Knows 公式ページ
[PR]

by mizuhofr | 2009-06-27 17:19 | Cinéma 観
2009年 06月 23日

Ratatouille ラタトイユ

b0182143_19281473.jpg
この前PoivronピーマンとAuvergineなすとCourgetteズッキーニがちょうどあったのでなんとなくラタトゥイユRatatouilleをつくりました。つまり、野菜のごった煮なんですが、豚肉の付け合わせにして食べたら美味しかったです。夏野菜を使うし、夏というとラタトゥイユという気がして(笑)。

Ratatouilleといえば、ディズニーのピクサー・アニメーション・スタジオの映画でありましたね。邦題は「レミーのおいしいレストラン」。この映画が上映された2007年の夏は、結構個人的に落ち込んでいた時期だったのですが、友だちに誘われてこの映画を観に行ったらとても面白くてRatatoiulleという料理のイメージまですごく良くなってしまいました。
映画を観に行く前は落ち込んでいて、この映画も特に見たくてと見るいうわけではなくてなんとなく気分を変えるために。。。という程度だったんですが、とても楽しくて、見終わって爽快、気分が良くなる映画でした。ある意味、憂鬱な気分を少しでも良くしてくれた映画なのでよく覚えています(笑)。アニメですが大人も楽しめる映画だと思います。予期していなかった楽しさでした。
b0182143_19315370.jpg

映画ポスターの画像はhttp://www.cinemovies.fr/afficheg-9924-3.htmlより。
[PR]

by mizuhofr | 2009-06-23 19:40 | France 仏蘭西
2009年 06月 18日

アントニオーニの中国 "Chung Kuo Cina" (1972)

昨日INSTITUT LUMIEREでミケランジェロ・アントニオーニMichelangelo Antonioniの中国 (La Chine) "Chung Kuo Cina" (1972) の上映(第一部)がありました。
毛沢東の文化大革命の頃1972年に撮影されたものです。

映画というより中国人という人達のドキュメンタリーという色合いが強い作品です。

ミケランジェロ・アントニオーニはイタリアの映画監督。アントニオーニは1912年生まれで2007年7月30日永眠。スウェーデンの映画監督イングマール・ベルイマンと同じ日に亡くなっています。

実を言うとこの映画が見たくて行ったというより、映画の前の話が聞きたくて行きました。
アントニオーニの目を通して見た中国、1970年代の知識人というテーマでお話がありました。« La Chine vue par Antonioni et les intellectuels des années 1970 »


講演した人は私もよく知っている人なのですが、さすがイタリア人(笑)専門のことでもあるし、良かったです。

映画の方は中国人という人達を撮ったドキュメンタリーという感じのものです。
途中「鍼」のシーンで恐怖映画並みに恐ろしいところがあると言っていたので、どういう意味かと思いましたが、確かにそうでした(笑)。私の隣に座っていた女性なんて、ビクッと動いていました。ある意味、現実のことなのでホラーよりも恐ろしいかもしれませんね。まあ医療関係者にとってはこういうのがダメだとか言っていられないと思いますが(笑)。
なにはともあれ、西洋人から見た中国という映像であの時代の中国人を上手く映しているなと思いました。中国を感じさせるシーンがたくさんありましたが、今の21世紀の中国を見てみたいな〜という気にさせられました。

ここのところ、とっても気忙しくなっています。夏ですね。もうじきヴァカンスへ発つ人もいるし、私も含めてですが、人の移動も多くて、あっという間に時間が過ぎてしまいそうです。
b0182143_2326181.jpg

このチラシはInstitut Lumièreのメールより。
[PR]

by mizuhofr | 2009-06-18 23:37 | Cinéma 観
2009年 06月 06日

INSTITUT LUMIEREの野外映画上映

前のブログにも書きましたが、リヨンのINSTITUT LUMIEREリュミエール博物館・映画館では夏の間に野外映画上映をしています。
上映はINSTITUT LUMIEREのすぐ横の広場Place Ambroise Courtoisです。

今年は日本に帰るし、夏の野外映画上映のボランティアはしないでおこうかと思っていたのですが、7月中はまだリヨンにいます。それに、どうせうちのすぐ横の広場なので上映会場は目と鼻の先。帰国直前でいろいろありますが、今年もボランティアに参加することにしました。

先日、野外映画上映のボランティアの会合があったのですが、私は3年目なのでさすがに慣れてきました。最初はボランティアの人も知らない人ばかりでしたが、今ではボランティア仲間とも顔見知り。会合でも「日本に帰るっていうのでもう会えないかと思ったよ〜」と言われながら、なんだかちょっとクラス会にでも顔を出したような気分でした(笑)。毎夏の野外上映ボランティアのランデブーRendez-vousですからね。

野外上映は日によって集客率にばらつきがありますが、無料なのでかなり人が来る日もあって、そんな時は椅子が足りなくて苦情が出る程です。でも椅子が足りないというのを除けば雰囲気は和やかです。
ちなみに、映画館の椅子じゃないので座り心地はよくありません。でも、外で映画を見るというのは趣向が変わりますし、私にとっては夏の風物詩という感じです。

b0182143_2231578.jpg

イタリア映画「ニュー・シネマ・パラダイスNuovo Cinema Paradiso」をご覧になった方、あの映画の中に野外映画上映のシーンがありますが、あの感じに似ています。
ニュー・シネマ・パラダイスのホームページがあったのでリンクを載せておきます。こちらです
(ああ、この映画!題名を書いただけで涙が出そうになります。最後のシーンはとても心が温かくなります。完全版は見ていないので完全版じゃない方の最後です。この映画に出演されていたフィリップ・ノワレPhilippe Noiretさんも亡くなられましたね。ノワレさん、味があって大好きです。ノワレさんはイタリア語も似合う人だなと思います。)画像はamazon.co.jpから。


リヨン生活を書いたブログを引っ越してからはリヨン在住の人はあまりこのブログを見ていないかもしれませんが、一応プログラムをのせてみます。

プログラムはこちら Lire la suite
[PR]

by mizuhofr | 2009-06-06 23:07 | Cinéma 観
2009年 06月 01日

カンヌで監督賞を受賞したブリランテ・メンドーサのSerbis(Service)

b0182143_448450.jpgいつもいろいろと面白いDVDを貸してくれる人がいるのですが、その人がこの前「このDVD見たい?」と言って差し出してくれたのがSerbis(Service)です。
画像はFNACのサイトから抜粋。

「この監督(ブリランテ・メンドーサ)はカンヌで監督賞をとったんだよ。ちょっとだけポルノだよ。っていってもポルノじゃないんだけど。。。なんて言ったらいいのかな。」と言いながら貸してくれました。

2008年フィリピン映画。
この監督ブリランテ・メンドーサBrillante Mendozaは今年2009年のカンヌにKinatay(Butchered)を出品して監督賞を受賞しました。セルビス Serbis(Service)は去年のカンヌ出品作品です。

Serbis(Service)の映画の舞台はフィリピンの小さな街でポルノ映画を上映する映画館。映画館を経営する家族と従業員の物語です。監督のお話では70年代だそうです。

露骨な性描写でちょっと有名になったとインターネットで書いてありました。そんなにポルノという感じではないです。でもそうともいえます。初っ端からヌードが出てきますからね(笑)。でも描き方が自然なのでポルノとは全然違います。
監督はCMをたくさんつくっていた人で、そういわれればああ〜と納得します。

DVDの付録でついていた去年のカンヌでのインタビューの様子が面白かったです。

この監督はとても短期間で映画を撮影するらしくて、普通は6日〜10日で撮って、この映画は今までの作品の中では一番長い12日間で撮ったそうです。でも撮影期間が短いだけで、実際は準備を念入りにしているので、カメラを回していないときの準備が50パーセントはある。準備に時間をかけている分、撮影するのはそんなに長くならなくて済む、と言っていました。

それに俳優さんたちが監督の映画に出演する常連でみんな友だちのようだそうで、信頼関係で結ばれているのも撮影が早く進む理由のひとつのようです。俳優さんたちの側にも監督を信頼していて、際どいシーンも最初は難しくても撮り始めれば大丈夫だとか(笑)話していました。

「文化背景、物の見方などによって、人によって受け取るメッセージは印象が違ってくるだろうから、この映画が持つメッセージというものをはっきりとは言えない」っていうことを言っていました。確かに、この映画は楽しむというジャンルの娯楽映画とは違うタイプなので人によって意見が全然違うでしょうね。

今年監督賞を受賞した方の映画は見てないので分かりませんが、個性が強いです。
ドキュメンタリーでもないんですが、演技というより普通の姿をそのまま映したような映像です。

「海から始まる!?」というブログにこの監督について詳しく書かれてあったのでリンクしておきます。該当ページはコチラです: カンヌ国際映画祭2009コンペ部門出品・監督賞

参考です。
【動画】カンヌ映画祭注目のフィリピン映画『Serbis』、記者会見で監督語る
[PR]

by mizuhofr | 2009-06-01 05:00 | Cinéma 観
2009年 05月 28日

エレクトロ音楽伴奏で無声映画

b0182143_7583616.jpg

先週、無声映画とエレクトロ音楽でのコンサートに行きました。

私の住んでいるリヨンにはINSTITUT LUMIEREというリュミエール兄弟の映画館と映画博物館があるんですが、ここではたまに無声映画の映画コンサートをするのです。
◆INSTITUT LUMIEREのサイトはこちら

上のはINSTITUT LUMIEREの映画コンサートのチラシです。

続きはここから Lire la suite
[PR]

by mizuhofr | 2009-05-28 08:42 | Cinéma 観