タグ:Asie 亜細亜 ( 4 ) タグの人気記事


2009年 08月 28日

数字上でもやっぱり悪いお隣さんの印象

ロシア語を話すフランス人がヴァカンスでロシア語圏に旅行に行ってきたということをメールで書いてきていて、良い旅行だったようですが、その中で遠慮がちに、
「日本ってロシアと北方領土問題があるけど、今はサハリンには日本人は行けるのか。サハリンに旅行に行こうと思えば行けるの?サハリンってまだロシア領なの?日本とロシアの関係ってどうなの?」
等なにげなくメールに書かれていました。

丁度ニュースで「日本人の半分以上、中国人の半分以上がお互いの国に対して好ましくない、又は、どちらかといえば良くないという印象を持っているという結果が出た」という話題を見たばかりだったので、日本ではロシアよりは中国の方がイメージはよっぽど悪いんじゃないかと思うよ、と書こうかと思ったのですが、日中関係の悪さを彼女に書く必要もないし(どちらにしても日中関係が悪いことは書かなくても彼女は知っていますが)、中国について書くのは辞めました。

それにしても、具体的に数字として出てくるとこれはかなりの割合ですね。
こちらがニュースの内容です。
NHKニュース“日中 相手にマイナス印象” (2009年8月26日 18時41分放送)
http://www.nhk.or.jp/news/k10015115321000.html#
(著作権の問題でニュースをこのブログに引用することはできないようなので、リンクしておきます。出典元を書いてもだめなんでしょうか。)

確かに私が今年イタリア旅行に行った時に出会った日本人も中国は嫌だとはっきり言っていました。はっきりとどこか特定の国を嫌だという人はフランスでは珍しいことなので、初対面の私に対してそういうことを言ったという事は私にとっては結構ショックでした。外国で久し振りに会った日本人ということで何気なく言ったのかもしれませんが。

中国側では歴史問題が未だにネックで、日本側は餃子問題などの中国政府の対応への懸念というのが多いようです。(あんまりこういうことを書いてマークされるといけないのでこのぐらいにしておきます。)

フランスで会った中国人が日本人について言った言葉で「おや?」と思うこともありましたし、中国人の中では素直にフランスに来てから日本を見る目が変わったと言っている子もいました。
一度持った悪い印象を拭い取るにはかなり時間がかかると思うのですが、国レベルでの人間関係は難しいですね。中国ではなくても、国に対して持っているイメージって、良いにしろ悪いにしろ、あると思います。
[PR]

by mizuhofr | 2009-08-28 10:33 | Pensée 考
2009年 07月 31日

韓国人の子がつくるビビンバはやっぱりとても美味しい!

数週間前、韓国人の子にビビンバを御馳走になりました。

わたしは韓国人の子のビビンバの作り方に興味があったので、ずっと彼女の横について手伝いながら見ていました(笑)。

野菜はタマネギ、にんじん、クルジェット(ズッキーニ)、茄子、干し椎茸。(もやしをいれてもOK)

野菜を切って、タマネギから順番に炒めていきます。油で炒めて塩でしっかり味をつけて、順番にお皿に取り分けていきます。クルジェットと茄子にはニンニクをつぶしたものとさらにごま油も入れて炒めます。戻した干し椎茸は細く刻んでから、炒める前に醤油とごま油と塩(たしか)でよく合えてから炒めます。
それから半熟目玉焼きを作ります。
b0182143_7731100.jpg

ご飯をよそって、炒めた野菜を上にのせて目玉焼きものせて、目玉焼きの上に少しごま油をたらします。
食べる時に「挽肉がすでに入っているコチジャン」を入れてよ〜く混ぜて召し上がれ。

この自家製の挽肉コチジャン(写真下)が美味しかったです。はちみつやりんご汁などを入れて作るそうですが美味しい甘辛ソースです。挽肉にも熱を通しているから日持ちするそうです。
b0182143_783423.jpg

私は自分でビビンバを作るときは野菜を全部一緒に炒めてつくっています。最初にみた日本人のビビンバのシピがそうだったからなんですが、韓国人の彼女がビビンバをつくるのを見ていたら別々に野菜を炒めてつくるのも、少しは手間でも時間的にはそんなに大して変わらないかもしれませんね。

ビビンパ以外にも、豚肉の背肉を焼いたのと紫キャベツの即席漬けをつくってくれました。

紫キャベツの即席漬けが美味しかったです。
醤油、粉唐辛子、お米の砂糖(シロップ状です)、ごま油、塩、お酢 でタレをつくっておいて、そこに紫キャベツを千切りにして混ぜるだけ。

人と一緒につくると作り方が自分と違ったり、色々と発見があって面白いですね〜!


余談: 私の小型カメラが壊れているので呼んでくれた韓国人の子のカメラで撮らせてもらいました。というわけでブログのアップがかなり遅くなりました。
私がずっと使っていた小さいデジカメ、実はニームに行った時に壊れてしまって最近のブログの写真は七年前に買った古いデジカメで撮ったものです。少々大きいですがいい仕事をするOlympusのデジカメ。
というわけでニームの記事も張り切って予告までしたくせにまだというわけです(笑)。
[PR]

by mizuhofr | 2009-07-31 07:13 | Repas 食
2009年 06月 06日

キムパブ (韓国風海苔巻き)

b0182143_5101449.jpg

韓国ののり巻キムパブを食べる機会がありました。とっても綺麗に並べてあってお花畑みたいです。
日本ののり巻とは違いますけど中に入れているものも参考になります。

b0182143_5115241.jpg


作ったのは韓国人の女の子とフランス人の男の子。一緒に作ったそうですが、なんだか盛りつけ方が綺麗でほのぼのとしていて嬉しくなりました。

この日は日本に行ったことあるフランス人が過半数でした。
日本の歌をYouTubeで流して上機嫌になった私は日本のカラオケのようにノリノリで歌って踊ってしまいました。ちょっと乗り過ぎだったかも。すみません!でも久しぶりの日本の歌オンパレードだったもので、ワインの酔いも手伝って、気分上々。ちょっと羽目を外しました(笑)。
たまにはいいですよね!日本のカラオケのノリも知っている人達なので大丈夫だと思います(笑)。かえって喜ばれました!日本を知っているフランス人だからこそ?!

b0182143_5154929.jpg

のり巻の端っこのもこんな風にするときれいですね。
[PR]

by mizuhofr | 2009-06-06 05:24 | Repas 食
2009年 05月 31日

パキスタン人から教わった豆カレー Dal curry

留学生がたくさん入っているフランスの寮でいろんな国の料理方法を見ることができたのは、とても面白かったんですが、仲良くなってくると一緒に作ったりすることもありました。当時(といってももう何年前かも分からないぐらい前です。。。)同じ階にいたパキスタンの留学生からは食の面でとてもお世話になりました。彼らのおかげで何種類のカレーを食べることができたことか。。。(笑)。

ある一人のパキスタン人でとても料理が得意な人がいて、私はよくその人の作っている横で作り方をみたり、質問をしたりしていました。その人はとても料理の好きな人で本当に学生なの?と思うぐらい何か機会があるごとに料理をつくってみんなに振る舞っていました。
その人に食材をどこで買うのかも教えてもらって、寮を出た後も私も自分でつくって友だちにパキスタンカレーを振る舞ったりしたものでした。懐かしい(笑)。
b0182143_484368.jpg

もともとカレーが大好きなので、今から思えば寮でパキスタンカレー作りを直に見れたのはかなりラッキーでした。

この前、比較的作り方が簡単な豆カレーをつくったのでメモしておきます。

作り方などの続きはこちら Lire la suite
[PR]

by mizuhofr | 2009-05-31 04:42 | Repas 食