どこにいても La vita e bella !

mizujapon.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 04日

竹久夢二展に行ってきました Takehisa Yumeji

新宿タカシマヤで「生誕125年記念 竹久夢二展 ふたつのふるさと ふたつのコレクション」が明後日(9月6日)までやっています。

朝一番で行ったのに人がたくさん入っていました。
b0182143_235664.jpg

↑展覧会のチラシ

今回の展覧会では、夢二の生まれ故郷の岡山の夢二郷土美術館と群馬の竹久夢二伊香保記念館のふたつの夢二ゆかりのミュージアムからの出品です。

竹久夢二は本当に絵の好きな人だったんですね。膨大な量の作品が残されていて、今回の展覧会も約400点の展示作品でとてもボリュームあるものでした。

夢二の美人画のモデルになった女性達の写真とモデルになった絵などもあって、「似てる〜!」と声に出して言ってしまいました。

絶えずスケッチを欠かさなかった人のようで残されたスケッチもたくさん展示されていました。

グラアフィックアートの草分けとしての位置も持っている夢二。
ポスター、本の表紙、夢二エハガキ、手ぬぐい、着物や帯の柄、半襟の図柄、便せん、等々たくさん展示されていました。これが当時流行したのもうなずけます。独特の色合い色合いとやさしくて大胆な図柄は今見ても新鮮です。

夢二の生涯、恋愛などを夢二の作品と関連づけてビデオにしたものが放映されていたので見ましたが、これがとてもよくできたドキュメントでした。
中でも笠井彦乃と夢二の物語に感激しました。

彦乃の父親の反対で最初は表立って会うことの出来なかった2人。夢路は「山」、彦乃は「河」としてひそかに手紙のやり取りをしていたようです。彦乃は25歳という若さで亡くなってしまいましたが、夢二が生涯で最も愛したのがこの彦乃だったようですね。
後年、夢二がアメリカで描いた「青山河」は永遠の恋人彦乃を想って描いたもののようです。

これについての逸話は竹久夢二伊香保記念館のこちらのページにも書いてありました。
http://www.yumeji.or.jp/05_yumeji_life_04.html

切なさと優しさを感じる美人画。斬新なようでやさしい色合いの挿絵、イラスト。
とてもいい展覧会でした。
[PR]

# by mizuhofr | 2009-09-04 23:38
2009年 09月 04日

ドラゴンフルーツ Fruit du dragon

ドラゴンフルーツを食べました。
こういう風にドラゴンフルーツを単独できちんと食べたのは初めてです。
レモンを絞ってスプーンですくって食べました。
b0182143_2220372.jpg

私が食べたのはホワイトドラゴンです。
名前はよく聞くフルーツでしたが、アクの強いフルーツなのかと思っていたら、とても爽やかでさっぱりしてて美味しいんですね。ちょっとキウイの従兄弟みたいな感じもします。

調べてみたらレッドドラゴンの方はもっと甘みがあるんですね。
夏の高校野球の応援を見ているような爽やかさ。甘みも適度でとても気に入りました。
[PR]

# by mizuhofr | 2009-09-04 22:37 | Repas 食
2009年 09月 04日

田舎からの贈り物

美味しいものが田舎から送られてきたので、ちょっと記念に撮影を。

これは何でしょう。さざえの粕漬けです。
b0182143_2134119.jpg


ミョウガの甘酢漬け。
b0182143_2144572.jpg


小キュウリのからし漬け。
b0182143_2152112.jpg


今日食べるのはこれだけにしておきます。

そして、
「ご飯が炊けるのを待っています」の図。
b0182143_216161.jpg


上に個別に撮ったもの以外は、
油揚げをオーブンで焼いてからし少しとお醤油を少したらしたの。サバの味噌煮。それと納豆。

こういう和食が本当に美味しいです!

ところで、「みょうが」って美味しいですね。薬味にも使えて重宝します。
去年一つうちにもちょっと植えておいたら、今年になったら何個にも増えて生えていたそうで、生命力が強いようです。
[PR]

# by mizuhofr | 2009-09-04 00:16 | Repas 食
2009年 09月 03日

Une baguette s'il vous plaît ! バゲット1本ください!

私は食べ物の好き嫌いはないし、とても便利なおなかの持ち主のようで、フランスにいればフランスのものが食べたい、日本にいれば日本のものが食べたいという得な人です。
体が勝手にそう感じてくれるので世話がないですね(笑)。

フランスで当たり前のように食べていたもので恋しくなるものがあるかな〜と思ったんですが、私の場合はバゲットのようです(笑)。バゲットってフランスでは本当に無くてはならない身近なもので、食事の時にバゲットがないとなると、
「ええ〜、買ってきたんじゃなかったの?あると思ってた。。」という会話が私の同居人との間で必ずありました。私か同居人かどちらかがバゲットを買いにいっていて、バゲットがないと結構一大事です。

フランス人はバゲットがないとチーズも食べないし、ソシッソンセック(サラミのようなもの)もバゲットがないと私の同居人は食べませんでした。バゲットあってこそのチーズなので、パンがなければ、チーズは消費されません。私も日本ではチーズだけを食べる方が多かったのに、フランスに慣れてしまってバゲットなしでチーズは食べられなくなりました。

私が住んでいたリヨンの通りには200メートル内にパン屋さん(Boulangerie)が少なくとも6軒はありました。当然のことながらその全てのパン屋さんでバゲットはもちろん、田舎パン、いろいろと種類の違うバゲットは普通に売っていましたし、スーパーでもバゲットは売っています。
日本のスーパーでもバゲットというか「フランスパン」は売っていることは売っているんですけど、フランスのとバゲットとは全然違います。日本ではむしろ「食パン」の方が充実していますね。
b0182143_15265954.jpg
写真は私が行きつけていたパン屋さんのBanettes(バネット)です。

日本でフランスで買うようなバゲットを買おうとしたらやっぱりそれなりのパン屋さんに行かないといけないですね。
そこまでして食べたい訳ではないのでわざわざ買いには行きませんが、スーパーで「フランスパン」を買って懐かしんだりしています。家を出てパン屋さんでちょっとバゲットだけ買ってくるという生活が懐かしいです。その代わり、日本ではフランスでは貴重な日本米が簡単に食べられますから、「所変われば品変わる」というやつですか。

日本に帰ってきてから日本の食べ物を満喫して、大満足な私ですが、フランスのバゲットは食べたくなりますね〜。バゲットを食べるのが習慣になっていましたからね(笑)。
バゲットを買いにいきたいです!しかも向こうはバゲットは安いですからね。バゲットを値上げしたら暴動が起こると言われています(笑)。
b0182143_1535234.jpg

(上の写真は普通のバゲットより小さいですが、昔ながらの方法で作ったというバゲット。)
[PR]

# by mizuhofr | 2009-09-03 15:43 | Repas 食
2009年 09月 03日

便利な携帯 iPhone 3G S

日本に帰ってきてからの携帯はどうしようかなと思っていましたが、折角なので前から気になっていたiPhoneにしました。
使っている人は皆満足のようでしたし、期間限定キャンペーンもやっていたので、ちょうどsoftbankのお店を通りかかった時に説明を聞いて即決してしまいました。

今のところは満足です。

b0182143_155725.jpg

«長所»

1: 画面が大きくてとても見やすい。
これぐらいの大きさだと眼の悪い人にも使いやすいのではないかと思いました。電車の中の移動時間にニュースを見たりするのも画面が大きいのでとても見やすくていいです。

2: 自分でアプリケーションをダウンロードして好きなように携帯をデザインできる。
基本的なものは元から入って入っていますが、いろいろなアプリケーションがあって、無料アプリケーションでもかなり優秀なもの、シンプルでも使いやすいものがあります。少し探してみたら面白いものもあってさっそくダウンロードして楽しませてもらっています。
SkypeをダウンロードすればiPhoneでフランスに電話もSkype経由でできます。

3: Wifiのある場所ではインターネットし放題。
Wifi(無線LAN)がなくてもバケットで最高でも◯◯円という値段設定になっているので、そんなに高い請求書を貰うわけではないのですが、Wifiがあるとインターネット使用料は無料でApple storeで音楽などもダウンロードし放題です。

4: 自分のコンピュータを持ち歩いている錯覚に陥る。
マックを使っている人は特に使いやすいです。


«短所»

1: 「圏外」になる率が普通の携帯より多いようです
東京や大都市なら大概は大丈夫だと思いますが、どうもそのようです。

2: 大きくて画面が見やすいのはいいのですが、小さいポケットには入らない。
長所が短所でもあります。まあジャケットのポケットには入るのでいいんですが。かえって携帯を身につけないようにするにはいいかもしれませんね。
フランスではよく携帯の磁気が体に悪いから携帯はなるべくジーンズのポケットに入れたりしないで、体から離れたところに持つようにというものがテレビでやっていたからです。ペースメーカーを付けているかどうかに関係なく電磁波が体に及ぼす影響は大きいそうで。話がそれてしまいましたね。

3: 電池消費が大きい
日本の普通の携帯がどうなのか分かりませんが、電池消費が大きいと思います。iPhoneでビデオを見たりすると、結構なくなります。ビデオを見れば普通の携帯も消費はするでしょうから、まあ、これは短所とは言わないかもしれないですね。コンピュータに繋げながら勝手に充電されているので特に問題なわけでもありません。

(欠点ではありませんが、一応欠点の方に加えるとしたら)
4: 携帯サイトが見れない。
iPhoneはコンピューターと同じ感覚でインターネットが出来るので、携帯サイトというのは見れません。
私自身は携帯サイトが見たいわけではなかったのですが、mixiの登録をしようかと思ったら携帯サイトの見れないiPhoneではmixi登録ができないようです。別の携帯を使って携帯サイトで確認すればできるようですが、そこまでしてmixiをしたいわけではないのでいいです(笑)。

というわけで、日本の携帯を長い間使っていなかったので分かりませんが、普段からiBookを使っている私にとってはiPhoneは親しみやすい携帯です。
b0182143_164596.jpg

フランスのTF1のニュースを電車の中で見るのが気に入っています。まだまだ容量がたくさんあるので色々入れたい気もしますが、そんなに携帯を見つめるくせもないので今のところは検討中です。でも、iPhoneがあると電車にも長く乗っていたい気がしますね(笑)。

確かに携帯とiPodとインターネットがひとつになったという文句の通りですね。使い勝手がいいです。
[PR]

# by mizuhofr | 2009-09-03 00:47 | Vie quotidienne 日々
2009年 09月 02日

ローマ都市ニーム Nîmes

ニームに行くよと1ヶ月以上前に書いていたにも関わらず(それについては、コチラ ニームへ A Nîmes)ニームで自分のカメラが壊れて、おまけにリヨンでの引っ越しのごたごたもあってかなり遅れましたが、同僚達が写真をくれていたので、一応写真などをアップしておきます。

ニームの駅から歩いて割とすぐに見えてくるのが、円形闘技場。かなり大きいし存在感があります。街の中に普通にあるというのがさすがローマ都市ニームですね。
b0182143_1433508.jpg

今でもイベントの会場として使われています。リヨンのローマ劇場もそうですが、ヨーロッパの遺跡ってコンサート会場なんかにすごく活用されていますね。

また少し歩くと芸術文化センターCARRE D'ART(カレ・ダール)に着きました。その真正面に相対象になるように古代ローマの神殿メゾン・カレMAISON CARREEがあります。
b0182143_14522431.jpg
CARRE D'ART(カレ・ダール)
b0182143_14532889.jpg
メゾン・カレMAISON CARREE

芸術センターの中を案内してもらいました。ガラス張りの建物で中はこんな感じです。
b0182143_1444787.jpg

ガラス張りなので、芸術センターからメゾンカレやニームの街並が見えていてそれが調和をかもし出しています。

説明の後は屋上のレストランで食事。« Le ciel de Nîmes »です。
b0182143_14571550.jpg

ここのレストランは見晴らしがいいで有名なんですが、確かに上からの景色が美しい!南仏特有の色合いの屋根が見えて、メゾンカレももちろん真ん前に見えています。良い写真はもろに同僚たちの顔が写っているものばかりなので、あまりここに載せれないのが残念です。

ニームって暑いところなのでこの屋上レストランにはちょっと工夫がしてありました。上に日よけの意味でもパイプがあるんですが、そこから霧を吹いています。定期的に霧が吹いているので、上から降ってくるほのかな霧が気持ちがよかったです。

食事の方も南仏らしい料理が美味しかったです。タプナードというオリーブのペーストやチーズをクレープ生地の中に包んであるものや、スズキのラタトゥイユ添え、等、美味しかったです。

メゾン・カレ現存するローマ神殿の中では一番保存状態が良くて、状態を保つための整備をしっかりしているようでした。
b0182143_1543349.jpg

b0182143_1582434.jpg

食事の後はメゾンカレから始まる市内観光。市内観光の方はいろいろ写真がありすぎて、どこがどこなのやら分からないので、省略させていただきます(笑)。

ニームはこじんまりした街なので歩いて廻れてしまう感じです。駅から歩いてすぐに円形劇場がドンと表れるのは結構圧巻でした。巨大ですからね(笑)。
[PR]

# by mizuhofr | 2009-09-02 15:14 | France 仏蘭西
2009年 09月 01日

桜木町〜野毛で焼き鳥

初対面にも関わらず不思議な親近感を覚えるある方にお会いしました。

台風の日、大丈夫かなと思いながら、風に吹かれ、雨に打たれ(笑)、横浜を色々と回ったんですが、良い思い出になりました。

雨も鎮まった夜、野毛に連れて行ってくれるということでみなとみらいへ。駅のホームで海鳥の声が聞こえると思ったら、海鳥の声を流しているんですね!微笑ましい演出だと思いました(笑)。

近代的な建物がずらりと並び、日本丸も見えるみなとみらい地区。
それが桜木町の駅を超えて野毛に出ると昔懐かしい雰囲気の下町に出ます。みなとみらいは前に何度か来たことがありましたが、そこを抜けるとこんな下町があるとは知りませんでした。桜木町の駅を挟んで開発区と昔の下町が別れているんですね。
巨大ビルがニョキニョキ建っているところから野毛に出た時のコントラストは結構凄いですね。
この対比は素晴らしいです。
みなとみらいも昔は野原で、ランドマークタワーが建って以来一気にこうなったようですが、今は景観が近代的になっていますね。
b0182143_18174078.jpg
日本丸。ライトアップしていなかったようですがそれでも綺麗です。

台風の日だったので、「台風のため休みます」という張り紙もありました(笑)。普段はもっと人通りが多いであろう野毛を探索しつつ、良さそうなお店をチェックして、とある焼き鳥屋さんへ。とっても美味しい家庭的なところでした。
私たち以外は色々な年齢層のおじちゃん、おっちゃん、おじさま。女性客が私たちだけでちょっと浮いた感じもしていましたが、女性客が焼き鳥を食べに行くって少ないんでしょうか。それとも台風で皆あまり外出していななかったからかもしれませんね。
b0182143_1824158.jpg

カウンターのおじちゃんがまるで私たちの会話が聞こえるかのように声をかけてくれるので、見透かされているようで恥ずかしかったですが、面白かったです(笑)。
焼き鳥の写真はひとつも撮りませんでしたが、塩加減も焼き加減も歯ごたえも本当に美味しいですね。
フランス人に食べさせたい!と思いました。本物の焼き鳥がこんなにも美味しいものとはたぶんフランス人は知らないでしょう(笑)。

他のお店もこじんまりしたところが多くてたぶんどこに入っても美味しそうな雰囲気の野毛でした。とても気さくでネオンがぼんやり光る雰囲気がいいですね。
[PR]

# by mizuhofr | 2009-09-01 18:34 | Repas 食
2009年 08月 29日

生のニガウリの和え物

b0182143_6544771.jpg
うちの実家に、にがうり、ゴーヤが植えてあって、なにもしないのに簡単に育って結構収穫ができます。
何年か前に植えてみたらどんどん育つし、家の日よけにもなるということで、それ以来、夏にはにがうりは常にうちにあるということになっているらしいです。

最近のにがうりの食べ方で気に入っているものを書いておきます。
にがうりというとゴーヤチャンプルー等の炒め物にすることが多かったのですが、ここのところ生でよく食べます。

にがうりを生のまま薄〜く切って、塩で揉みます。塩味が濃いようなら水で少し洗ってざるで水を切ります。
それから酢醤油、ごま油、昆布だしなどで味をつけて出来上がり。緑が綺麗で彩りも良くなります。
ポイントはごま油で、これで風味がぐんと増します。(ちなみに塩揉みしてから洗う方が味がいいような気がします。)

最初、にがうりを生で?と思ったんですが、これが意外にもシャキシャキして美味しいんですね。程よい苦みが生でも美味しいですよ。
b0182143_659717.jpg

[PR]

# by mizuhofr | 2009-08-29 07:27 | Repas 食
2009年 08月 28日

山形県の枝豆、だだちゃ豆

b0182143_19344376.jpg
だだちゃ豆という枝豆を食べる機会がありました。山形県鶴岡市の枝豆です。

Wikipedia だだちゃ豆

「だだちゃ」って何かと思ったら山形の方言で「お父さん、おやじ」という意味だそうです。

枝豆というのも久方振りに食べましたが、久し振りの枝豆はとても美味しかったです。
このただちゃ豆、ちょっとトウモロコシの蒸したてのような甘さもあります。香ばしくて甘くて風味があって美味しい枝豆でした。

そういえば枝豆もフランスではかなり珍しいです。たぶん冷凍とかではアジアスーパーとかで売っているかもしれませんが、滅多に見ません。私はフランスで枝豆は見たことがないです。

美味しいですね。
b0182143_19342519.jpg

[PR]

# by mizuhofr | 2009-08-28 23:28 | Repas 食
2009年 08月 28日

数字上でもやっぱり悪いお隣さんの印象

ロシア語を話すフランス人がヴァカンスでロシア語圏に旅行に行ってきたということをメールで書いてきていて、良い旅行だったようですが、その中で遠慮がちに、
「日本ってロシアと北方領土問題があるけど、今はサハリンには日本人は行けるのか。サハリンに旅行に行こうと思えば行けるの?サハリンってまだロシア領なの?日本とロシアの関係ってどうなの?」
等なにげなくメールに書かれていました。

丁度ニュースで「日本人の半分以上、中国人の半分以上がお互いの国に対して好ましくない、又は、どちらかといえば良くないという印象を持っているという結果が出た」という話題を見たばかりだったので、日本ではロシアよりは中国の方がイメージはよっぽど悪いんじゃないかと思うよ、と書こうかと思ったのですが、日中関係の悪さを彼女に書く必要もないし(どちらにしても日中関係が悪いことは書かなくても彼女は知っていますが)、中国について書くのは辞めました。

それにしても、具体的に数字として出てくるとこれはかなりの割合ですね。
こちらがニュースの内容です。
NHKニュース“日中 相手にマイナス印象” (2009年8月26日 18時41分放送)
http://www.nhk.or.jp/news/k10015115321000.html#
(著作権の問題でニュースをこのブログに引用することはできないようなので、リンクしておきます。出典元を書いてもだめなんでしょうか。)

確かに私が今年イタリア旅行に行った時に出会った日本人も中国は嫌だとはっきり言っていました。はっきりとどこか特定の国を嫌だという人はフランスでは珍しいことなので、初対面の私に対してそういうことを言ったという事は私にとっては結構ショックでした。外国で久し振りに会った日本人ということで何気なく言ったのかもしれませんが。

中国側では歴史問題が未だにネックで、日本側は餃子問題などの中国政府の対応への懸念というのが多いようです。(あんまりこういうことを書いてマークされるといけないのでこのぐらいにしておきます。)

フランスで会った中国人が日本人について言った言葉で「おや?」と思うこともありましたし、中国人の中では素直にフランスに来てから日本を見る目が変わったと言っている子もいました。
一度持った悪い印象を拭い取るにはかなり時間がかかると思うのですが、国レベルでの人間関係は難しいですね。中国ではなくても、国に対して持っているイメージって、良いにしろ悪いにしろ、あると思います。
[PR]

# by mizuhofr | 2009-08-28 10:33 | Pensée 考