<   2009年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 13日

LUMIERE 2009 Grand Lyon Film Festival リヨンで新映画祭開幕

もうリヨンにいない身でリヨンの映画祭の宣伝をするのもおかしいかもしれませんが(笑)、私もInstitut Lumière(リュミエール兄弟映画館)でボランティアをしていたり、Institut Lumièreのすぐ横に住んでいたりと「ご縁」が多いので一応私のブログでもこんな映画祭が始まるということを書いておきます。

今年からリヨンで映画祭LUMIERE 2009 Grand Lyon Film Festivalが始まります。実質の運営はInstitut Lumièreが行っているのですが、もう2年以上前からフェスティバルの計画をリヨン市から持ちかけられていたようで、この映画祭のための構想、準備はかなり長いかけていたようです。
フェスティバル期間は10月13日から18日までです。
b0182143_14404619.jpg

詳しくはサイトにすべて書いてありますので、そちらをご覧ください。ただしフランス語です。
http://www.lumiere2009.org/

セルジオ・レオーネ監督特集、韓国の申相玉監督(신상옥Shin Sang-ok; しん そうぎょく(ひらがな名) シン・サンオク(ハングル読み))特集、などなど、映画ファンにはたまらない映画祭となりそうです。

プログラムはこちらです。
http://www.lumiere2009.org/fr/programme/

今年の第一回Grand Lyon Film Festivalにはセルジオ・レオーネ監督作品でもおなじみだったクリント・イーストウッドが招待で来仏します。

ちなみに、10月13日のフェスティバル開幕式のチケットは既に売り切れのようです。
[PR]

by mizuhofr | 2009-09-13 14:45 | Cinéma 観
2009年 09月 12日

鯛の皮を揚げたの

ある所で魚を丸ごと一匹買う時は、いつもお刺身で食べやすいように下ろしてもらうんですが、魚の皮もきれいにうすく剥いで、トレーの上に魚の身と一緒にここも食べてくださいという感じで、いかにも「これを揚げてさっくり食べてください」とでも言わんばかりの有様でのっています(笑)。

その売り場で魚を下ろす人は何人かいて、こういう風に「魚の皮を揚げてください仕様」で下ろしてくれる人とそうでない人がいるようです(笑)。
いつもこの人が下ろしてくれた魚は本当に処理が素晴らしいというのは専らうちの評判です(笑)。

というわけで「鯛の皮の揚げたの」なんですが、これが美味しいのなんのってありません。

鱗もついているものをあげてあるのでサクサクです!

それに揚げると鱗がこんな風になって見た目もとても面白い(写真下)!!

b0182143_20374943.jpg

処理してある魚の皮にうすく小麦粉をまぶして、揚げて、それから塩をパラリ。簡単です。
タイの皮のウロコがこんなにサクサクになるとは驚きでした。

見た目が変わっていたのと、想像以上に美味しいのとで思わず撮った一枚でした(笑)。
パリパリ、サクサクです!一緒にピーマンとオクラも揚げました。
[PR]

by mizuhofr | 2009-09-12 20:46 | Repas 食
2009年 09月 12日

東京タワーのマスコット?

実家の押し入れからこんなものが出てきました。
b0182143_1056772.jpg

5年以上前もしくは10年以上前に東京タワーに行った時にもらったものです。
正確にいつ行ったのかが定かではありませが、誰と行ったかは覚えています(笑)。

東京タワー ノッポン兄弟 Noppon brothersのボールペン

当時東京タワーに登ったら貰ったような記憶が残っています。
なんだか今見ると妙に可愛いので記念に写真を撮っておきました。

当時はそんなにかわいいとも思わなかったような気がしますが、今見ると可愛いと思うというのも現金ですね(笑)。
東京タワー開業40周年記念でノッポンが作られたようです。
東京タワー * TOKYO TOWER * ノッポン

b0182143_10564118.jpg


私の昔の職場が東京タワーの近くだったのでいつも東京タワーの姿を見ていましたが、近い場所って行きませんね。
まあそんなに東京タワーに登ってばかりという人もいないでしょうけど(笑)。

私がこの時に東京タワーに登ったのは地方から東京にお上りさんで来た人とでした。。。懐かしい。
[PR]

by mizuhofr | 2009-09-12 11:01
2009年 09月 10日

吉祥寺へ引っ越し Déménagement à Kichijoji

実は私、今週から東京都武蔵野市吉祥寺に住んでいます。

吉祥寺って住んでみたい街ナンバーワンだそうですね。

駅の近くにはアーケードのついた商店街がたくさんあって、のびやかな活気がありますね。LONLONに入ってみたら長い長~い空間にスーパーやお惣菜屋さん、魚屋さん、輸入チーズ、面白ろそうな小売店や小物店がずらりと並んでいて、入ってみてのこの長い長いお店の並びが予想外で驚きました。外からじゃLONLONがこんな所だとは分からないですよ!

まだ来たばかりですが、吉祥寺って穏やかなのに活気がある感じがいいですね。
緑があるせいかのんびりしていて、でもいろんなお店もある、都会のような都会ではないような、落ち着く街ですね。この雰囲気がストレスを感じさせない所だなと思います。
b0182143_16545599.jpg

井の頭公園も吉祥寺の駅から歩いてすぐで、実はさっき行ってきたんですが、夜も木の形が綺麗に見えていました。
木の形が人工的じゃなくて自然な形だと思ったら、もともと自然林だったんですね~。

私は近くになったのでしょっちゅう散歩に来れます。
井の頭公園の手前の焼き鳥屋さん、けむりがもくもくで外も煙たかったですが有名だそうで、いつか行ってみたいと思います。
吉祥寺は有名なお店もたくさんあるようですが、どのくらい行けるのでしょう(笑)!
[PR]

by mizuhofr | 2009-09-10 23:07
2009年 09月 10日

献血できない。。。

私はフランスに行く前は結構頻繁に献血をしていて、献血している間に横になれるし、献血したからといって特に健康に問題があるわけでもないので、献血は好きでした。400 ml献血や成分献血もしていて、日本に帰ってきたらまた気が向いたら献血しようぐらいの軽い気持ちでいました。

今日商店街で「献血のご協力お願いします」という日本赤十字センターの看板を持った方がいたので、久し振りだと思って、即「どこでやってるんですか?」と聞いて献血センターまでやってきました。

久し振りなので登録カードをもう一度作り直すと、「同姓同名で同じ血液型の人が三人いるといますけど、同一人物ですか?」ということで見てみると、全て私でした(笑)。学生時代の引っ越しした住所などすべて残っていました。今は献血カードも電子化して便利になりましたね。

ひさしぶりの献血でなんとなくウキウキしていましたが、がっくりして踵を返すことになろうとは思っていませんでした。。。

こちらが、献血の前に確認する項目です。

b0182143_16145276.jpg

献血できない人の項目で

"9.昭和55年(1980年)以降、ヨーロッパの対象国に滞在(居住)された方(国名・期間等、詳しくは受付におたずねください)"

というのがあったのに、私は1980年というのばかり見ていたのと、健康には自信もあったし、大丈夫ですと言って、登録を済まし、待っていました。
血液の確認の前に、お医者さんとの問診があって、その時にフランスにいたことを言うと、いつからいつまでかを正確に言うようにと言われ、私は引っかかってしまいました。1980年~2004年までの間6ヶ月以上フランスに滞在した人は献血ができないそうです。
英国の場合はもっと厳しくて、昭和55年(1980年)から平成8年(1996年)の間に一泊でも英国に滞在した場合は献血はできないそうです。

日本赤十字社のこちらのページで詳しい規定が読めます。

ちょうど狂牛病が猛威を振るった時期なので、WHOから赤十字の方にそういう通達が来ているそうで、「それが解かれるかもしれないが、当面は該当する方には献血はお断りしています」とのことでした。

別に献血できなくてもいいのですが、なんだかガックリときた出来事でした。受付の人に「じゃあ、フランスにいるフランス人は絶対に献血できないということになりますよね」と聞いてしまいました。

早くヨーロッパに滞在した人の献血禁止が解かれるといいです。
2004年までという規定でしたけど、確かに当時フランスでも狂牛病についてメディアを騒がせていましたし、みんな牛肉は食べないというフランス人が多かったです。

その余韻が今頃私に襲ってくるとは!

◆参考までに、日本赤十字社の献血についてのページはコチラです
[PR]

by mizuhofr | 2009-09-10 16:30 | Pensée 考
2009年 09月 07日

黒髪ストレートって希少価値

(今日のはちょっと長いです)
私の昔のリヨンの職場の同僚の一人でいつもきれいに髪を染めている50代ぐらいのマダムがいました。本当の年齢は分かりませんがとても綺麗でおしゃれな方で、秘かに憧れていたものです。

落ち着いたダークレッドの髪の色で、彼女の年齢だとそのぐらいの色の方が華やかで綺麗に見えます。でももしアジア人が同じダークレッドに染めたらちょっと下品になってしまいそうな色です。
明るい色の目に合っていて、自分を知っているから出来るこの色だなと感心します。

ヨーロッパ人は日本人とは肌の色、眼の色、顔つきも違うし、髪の色を変えるのは特に珍しいことでもないし、アジア人だったら合わないような髪の色なんかも似合っていたりします。

ところで、私はフランスに来たころはショートヘアでフランスの美容院でショートにしてもらっていた時期もありますが、髪が伸びていつの頃からかずっとロングです。
ロングだと美容院にしょっちゅう行かなくてもいいという利点もありますが、フランスでマイノリティのアジアの黒髪を保ちたいという深層心理は自分の中にあったのではないかと思います(笑)。

フランスでよく聞かれるのはアジア人の黒髪が綺麗だということ。髪をよく染めるフランス人の彼女達も「みどりの黒髪」はとても美しいと思うそうです。

冒頭の気品のあるマダムも、職場で髪の話になった時、自慢げに
「私が若い頃はmizuhofrみたいに真っ黒な髪だったのよ。綺麗に黒く染めていたの。本当にこのぐらい黒くて長かったのよ!」と私の髪をしげしげと見ながら言っていました。彼女にとって、まっくろいストレートの黒髪ってそんなにいいのかとその時思いました。
ヨーロッパでは真っ黒な髪の人は少ないので、真っ黒い髪を持ったアジア人の髪は美しいとされているようです。

フランスでは素晴らしいと言われる黒髪ストレートロングも日本に行くと「重すぎる」と言われたりします。
日本では元々黒い髪の印象を明るく、軽く見せる方がいいようですね。髪のこと以外でもフランスの感覚で日本に帰ってきて、一時帰国でちょっとビックリしたことは多々あります。

直毛の髪について、フランスでは
「mizuhofrの髪は元々真っすぐなのか、それともストレートのパーマをあてているのか」とよく聞かれました。日本人にしてみたら、クリクリしている髪の方がずっと珍しくて逆にまじまじと見てしまいますけどね。
そういえば、髪の長いフランス人で元々かなりウェーブのかかった子が日本に来て「そのウェーブはどうやって手入れをしているのか」と日本人に驚かれたと言いますが、その子は何もしていないのに、ということを話していました。
つまり、お互い様ですね。

髪を短く切ってしまおうと何度も思ったのですが、髪が長いと冬に便利、それに皆に「切るな切るな、もったいない」と言われつづけて、結局長いままです。

長い髪が便利というのは、冬が寒いフランスでは髪が長い方が温まるからです(笑)。
冗談のようですが、本当で、髪は毛皮と同じ効果があります(笑)。フランスは冬とても寒いので、冬に帽子をかぶらないで外に出て、「寒い!頭皮まで凍りそう」と思いながら帽子をかぶって来なかったのを後悔したことが何度もありました。

ただ、フランスは乾燥しているので、髪も乾燥します。
髪のケアで私が使っていたのは日本から持ってたあるものでした。
前、日本に一時帰国している時に、父が大島の椿油を買ってきてくれました。
http://www.tsubaki-abura.com/
(話題がずれますけど、椿油で揚げた天ぷらってとても美味しいそうですね^-^。)

椿油、懐かしいなと思ってさっそく使ってみると、これがなかなか良いんですよね!
以来、昔ながらの椿油を使い始めました。
少量を(付けすぎないのがポイントです)全体に伸ばして使うと髪が落ち着きます。日本で行っている美容室で、椿油を使い始めたと言ったら、椿油は少量指につけてまとめれば後れ毛も直せるし、優れものだよと言っていました。
さすが数世紀にも亘って日本で使われている椿油ですね。
b0182143_0413053.jpg

日本に帰ってきて、暑いので髪を切ってしまおうかと思ったのですが、ここまで長くなってしまうと決心がつきづらくなって、それともうすぐ寒くなるというフランスにいた時のの季節感覚が残っていて、もうしばらくは長いままでいようかなと思っている今日この頃です。
[PR]

by mizuhofr | 2009-09-07 01:01
2009年 09月 05日

南仏、ニームで買ったもの

ニームの写真を載せたついでに、ニームで買ったものをちょっと載せておきます。

マルセイユのオリーブオイル石けん。サボン・ド・マルセイユ Savon de Marseille
b0182143_21552656.jpg

写真はすでに使いはじめてから撮ったものです。10センチの正方形キューブ型で、とても大きいので今は半分に切って使っています。

72パーセント以上純粋なオリーブオイル使用保証と書いてあります。
オリーブオイルの石けんは洗浄能力が高いのに肌に優しいということで有名ですが、確かに優しいのにしっかり洗えます。私が買ったのはナチュラルのものなのでオリーブの自然な香りもします。

それと、持ちが良くて全然無くなりません(笑)。
これとは作り手が違うもう一回り小さいのも買ってきましたが(小さいと言っても普通の石けんより大きいです。)この分だともう一つの石けんを開けるのは年を超えてもまだまだ持つかなどころか、一年は持ちそうです。

ちなみに今袋を開けて見てみたらもう一つはMarius Fabreというところのでした。
インターネットサイトもあるようです。
http://www.marius-fabre.fr/site/index.htm
調べてみたらここのメーカーのは日本でも買えるようですが、現地で買うよりは随分高くなっていました(笑)。
b0182143_22282735.jpg


蝉の形の石けんなんかも売ってました。日本では蝉って日本全国、夏になるとミンミン聞こえて蝉の声が聞こえるのが当たり前だという感じさえありますけど、フランスって南仏に行かないと蝉の声は聞けません。南仏に行くと蝉の形をしたオブジェとかいろいろあって面白いです。

私が入ったお店はオリーブオイル関連の専門店だったようで、オリーブオイルも計りで売っていました。味見をさせてくれて、私の同僚は二種類のオリーブオイルを買っていました。私はイタリアですでに大きいオリーブオイルの瓶を買っていたので買わないでおきました。
味見だけはしましたが、純粋なオリーブの味でした。


もうひとつ、キッチン用品
b0182143_2255158.jpg

南仏らしい生地のテーブルクロスやナプキンなどのキッチン用品やクッションなどが売っているお店がメゾン・カレMAISON CARREEのすぐ近くにあったので入ってみました。
買おうか買うまいか迷ってキッチン手袋があったので買いました。こういう優しい感じで、温かい家庭料理にぴったりなモチーフが好きです。
同僚達はポーチを買っていました。

南仏のテーブルクロスは華やかな柄が多いので、南仏のテーブルクロスを使うと気分はすっかり地中海気分になりそうですね。
[PR]

by mizuhofr | 2009-09-05 22:37 | France 仏蘭西
2009年 09月 04日

竹久夢二展に行ってきました Takehisa Yumeji

新宿タカシマヤで「生誕125年記念 竹久夢二展 ふたつのふるさと ふたつのコレクション」が明後日(9月6日)までやっています。

朝一番で行ったのに人がたくさん入っていました。
b0182143_235664.jpg

↑展覧会のチラシ

今回の展覧会では、夢二の生まれ故郷の岡山の夢二郷土美術館と群馬の竹久夢二伊香保記念館のふたつの夢二ゆかりのミュージアムからの出品です。

竹久夢二は本当に絵の好きな人だったんですね。膨大な量の作品が残されていて、今回の展覧会も約400点の展示作品でとてもボリュームあるものでした。

夢二の美人画のモデルになった女性達の写真とモデルになった絵などもあって、「似てる〜!」と声に出して言ってしまいました。

絶えずスケッチを欠かさなかった人のようで残されたスケッチもたくさん展示されていました。

グラアフィックアートの草分けとしての位置も持っている夢二。
ポスター、本の表紙、夢二エハガキ、手ぬぐい、着物や帯の柄、半襟の図柄、便せん、等々たくさん展示されていました。これが当時流行したのもうなずけます。独特の色合い色合いとやさしくて大胆な図柄は今見ても新鮮です。

夢二の生涯、恋愛などを夢二の作品と関連づけてビデオにしたものが放映されていたので見ましたが、これがとてもよくできたドキュメントでした。
中でも笠井彦乃と夢二の物語に感激しました。

彦乃の父親の反対で最初は表立って会うことの出来なかった2人。夢路は「山」、彦乃は「河」としてひそかに手紙のやり取りをしていたようです。彦乃は25歳という若さで亡くなってしまいましたが、夢二が生涯で最も愛したのがこの彦乃だったようですね。
後年、夢二がアメリカで描いた「青山河」は永遠の恋人彦乃を想って描いたもののようです。

これについての逸話は竹久夢二伊香保記念館のこちらのページにも書いてありました。
http://www.yumeji.or.jp/05_yumeji_life_04.html

切なさと優しさを感じる美人画。斬新なようでやさしい色合いの挿絵、イラスト。
とてもいい展覧会でした。
[PR]

by mizuhofr | 2009-09-04 23:38
2009年 09月 04日

ドラゴンフルーツ Fruit du dragon

ドラゴンフルーツを食べました。
こういう風にドラゴンフルーツを単独できちんと食べたのは初めてです。
レモンを絞ってスプーンですくって食べました。
b0182143_2220372.jpg

私が食べたのはホワイトドラゴンです。
名前はよく聞くフルーツでしたが、アクの強いフルーツなのかと思っていたら、とても爽やかでさっぱりしてて美味しいんですね。ちょっとキウイの従兄弟みたいな感じもします。

調べてみたらレッドドラゴンの方はもっと甘みがあるんですね。
夏の高校野球の応援を見ているような爽やかさ。甘みも適度でとても気に入りました。
[PR]

by mizuhofr | 2009-09-04 22:37 | Repas 食
2009年 09月 04日

田舎からの贈り物

美味しいものが田舎から送られてきたので、ちょっと記念に撮影を。

これは何でしょう。さざえの粕漬けです。
b0182143_2134119.jpg


ミョウガの甘酢漬け。
b0182143_2144572.jpg


小キュウリのからし漬け。
b0182143_2152112.jpg


今日食べるのはこれだけにしておきます。

そして、
「ご飯が炊けるのを待っています」の図。
b0182143_216161.jpg


上に個別に撮ったもの以外は、
油揚げをオーブンで焼いてからし少しとお醤油を少したらしたの。サバの味噌煮。それと納豆。

こういう和食が本当に美味しいです!

ところで、「みょうが」って美味しいですね。薬味にも使えて重宝します。
去年一つうちにもちょっと植えておいたら、今年になったら何個にも増えて生えていたそうで、生命力が強いようです。
[PR]

by mizuhofr | 2009-09-04 00:16 | Repas 食