2009年 10月 06日

留学生としての吉祥寺ライフ

吉祥寺にやってきて、なにかと楽しくも忙しい生活を送っています。
フランスからの留学生、でも日本人という面白い立場なので、素晴らしいという人もいる一方、不思議そうな顔をする人もいますが、私自身はとても良い経験だと思っています。

私は日本人で他の留学生よりも随分と年長ということもあり、頼まれ事を引き受けたり、まだ日本語があまり出来ない人のお世話をすることもあり、留学生兼アドバイザーのようになっています。風邪を引いた留学生たちの薬を買いに行ったりしていたら、ついに私まで風邪を引いてしまいました。みんなして同じ症状なので、風邪まで分かち合う集団生活の悪い恩恵を受けました(笑)。これはやられましたね。
まあ、ただの風邪なのでみんな「風邪はどう?」がしばらくの間合い言葉のようになっていました(笑)。

先日、吉祥寺で大きい本屋に行きたいという外国人留学生を引き連れて吉祥寺では一番大きい本屋さんらしい「啓文堂」へ行ったのですが、ドイツ人の子がマイキャンプという本を探しているというので、何のことだろうと思ってもう一度よく聞いてみるとマイン・キャンプ。ああ!確かそれは「我が闘争」のドイツ語!
というわけで定員さんにマイキャンプではなくて我が闘争です!と言うと彼の探している本はすぐ見つかりました。
ドイツにいる友人のために本を送ってあげたいけど、皮肉でヒットラーの「我が闘争」とマルクスの「資本論」のマンガ版を買うことを思いついたようです。

ドイツでヒットラーの「我が闘争」のマンガを出版することなんてデリケートすぎる問題で絶対にありえないことなのに、日本では普通に売っているし出版されているというのが面白いというわけですね。

帰りにラーメンを食べようということになって私にとっては久し振りのラーメン屋さんのラーメンでしたが、とっても美味しかったです。
私はラーメンってそんなに大好物でもなかったし、特に食べたくて食べたわけでもなかったのですが、こんなにラーメンを美味しいと思ったのは初めてです。雨で寒い日だったので体も温まって汗が出て良かったです!
これからはラーメン屋さんによく行くようになるかもしれません(笑)。
b0182143_21541740.jpg

[PR]

by mizuhofr | 2009-10-06 21:54 | Vie quotidienne 日々


<< 気軽に行ける七輪焼き肉のお店@吉祥寺      LUMIERE 2009 Gr... >>