どこにいても La vita e bella !

mizujapon.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 10日

献血できない。。。

私はフランスに行く前は結構頻繁に献血をしていて、献血している間に横になれるし、献血したからといって特に健康に問題があるわけでもないので、献血は好きでした。400 ml献血や成分献血もしていて、日本に帰ってきたらまた気が向いたら献血しようぐらいの軽い気持ちでいました。

今日商店街で「献血のご協力お願いします」という日本赤十字センターの看板を持った方がいたので、久し振りだと思って、即「どこでやってるんですか?」と聞いて献血センターまでやってきました。

久し振りなので登録カードをもう一度作り直すと、「同姓同名で同じ血液型の人が三人いるといますけど、同一人物ですか?」ということで見てみると、全て私でした(笑)。学生時代の引っ越しした住所などすべて残っていました。今は献血カードも電子化して便利になりましたね。

ひさしぶりの献血でなんとなくウキウキしていましたが、がっくりして踵を返すことになろうとは思っていませんでした。。。

こちらが、献血の前に確認する項目です。

b0182143_16145276.jpg

献血できない人の項目で

"9.昭和55年(1980年)以降、ヨーロッパの対象国に滞在(居住)された方(国名・期間等、詳しくは受付におたずねください)"

というのがあったのに、私は1980年というのばかり見ていたのと、健康には自信もあったし、大丈夫ですと言って、登録を済まし、待っていました。
血液の確認の前に、お医者さんとの問診があって、その時にフランスにいたことを言うと、いつからいつまでかを正確に言うようにと言われ、私は引っかかってしまいました。1980年~2004年までの間6ヶ月以上フランスに滞在した人は献血ができないそうです。
英国の場合はもっと厳しくて、昭和55年(1980年)から平成8年(1996年)の間に一泊でも英国に滞在した場合は献血はできないそうです。

日本赤十字社のこちらのページで詳しい規定が読めます。

ちょうど狂牛病が猛威を振るった時期なので、WHOから赤十字の方にそういう通達が来ているそうで、「それが解かれるかもしれないが、当面は該当する方には献血はお断りしています」とのことでした。

別に献血できなくてもいいのですが、なんだかガックリときた出来事でした。受付の人に「じゃあ、フランスにいるフランス人は絶対に献血できないということになりますよね」と聞いてしまいました。

早くヨーロッパに滞在した人の献血禁止が解かれるといいです。
2004年までという規定でしたけど、確かに当時フランスでも狂牛病についてメディアを騒がせていましたし、みんな牛肉は食べないというフランス人が多かったです。

その余韻が今頃私に襲ってくるとは!

◆参考までに、日本赤十字社の献血についてのページはコチラです
[PR]

by mizuhofr | 2009-09-10 16:30 | Pensée 考


<< 吉祥寺へ引っ越し Déména...      黒髪ストレートって希少価値 >>