2009年 09月 04日

竹久夢二展に行ってきました Takehisa Yumeji

新宿タカシマヤで「生誕125年記念 竹久夢二展 ふたつのふるさと ふたつのコレクション」が明後日(9月6日)までやっています。

朝一番で行ったのに人がたくさん入っていました。
b0182143_235664.jpg

↑展覧会のチラシ

今回の展覧会では、夢二の生まれ故郷の岡山の夢二郷土美術館と群馬の竹久夢二伊香保記念館のふたつの夢二ゆかりのミュージアムからの出品です。

竹久夢二は本当に絵の好きな人だったんですね。膨大な量の作品が残されていて、今回の展覧会も約400点の展示作品でとてもボリュームあるものでした。

夢二の美人画のモデルになった女性達の写真とモデルになった絵などもあって、「似てる〜!」と声に出して言ってしまいました。

絶えずスケッチを欠かさなかった人のようで残されたスケッチもたくさん展示されていました。

グラアフィックアートの草分けとしての位置も持っている夢二。
ポスター、本の表紙、夢二エハガキ、手ぬぐい、着物や帯の柄、半襟の図柄、便せん、等々たくさん展示されていました。これが当時流行したのもうなずけます。独特の色合い色合いとやさしくて大胆な図柄は今見ても新鮮です。

夢二の生涯、恋愛などを夢二の作品と関連づけてビデオにしたものが放映されていたので見ましたが、これがとてもよくできたドキュメントでした。
中でも笠井彦乃と夢二の物語に感激しました。

彦乃の父親の反対で最初は表立って会うことの出来なかった2人。夢路は「山」、彦乃は「河」としてひそかに手紙のやり取りをしていたようです。彦乃は25歳という若さで亡くなってしまいましたが、夢二が生涯で最も愛したのがこの彦乃だったようですね。
後年、夢二がアメリカで描いた「青山河」は永遠の恋人彦乃を想って描いたもののようです。

これについての逸話は竹久夢二伊香保記念館のこちらのページにも書いてありました。
http://www.yumeji.or.jp/05_yumeji_life_04.html

切なさと優しさを感じる美人画。斬新なようでやさしい色合いの挿絵、イラスト。
とてもいい展覧会でした。
[PR]

by mizuhofr | 2009-09-04 23:38


<< 南仏、ニームで買ったもの      ドラゴンフルーツ Fruit ... >>