2009年 08月 29日

生のニガウリの和え物

b0182143_6544771.jpg
うちの実家に、にがうり、ゴーヤが植えてあって、なにもしないのに簡単に育って結構収穫ができます。
何年か前に植えてみたらどんどん育つし、家の日よけにもなるということで、それ以来、夏にはにがうりは常にうちにあるということになっているらしいです。

最近のにがうりの食べ方で気に入っているものを書いておきます。
にがうりというとゴーヤチャンプルー等の炒め物にすることが多かったのですが、ここのところ生でよく食べます。

にがうりを生のまま薄〜く切って、塩で揉みます。塩味が濃いようなら水で少し洗ってざるで水を切ります。
それから酢醤油、ごま油、昆布だしなどで味をつけて出来上がり。緑が綺麗で彩りも良くなります。
ポイントはごま油で、これで風味がぐんと増します。(ちなみに塩揉みしてから洗う方が味がいいような気がします。)

最初、にがうりを生で?と思ったんですが、これが意外にもシャキシャキして美味しいんですね。程よい苦みが生でも美味しいですよ。
b0182143_659717.jpg

[PR]

by mizuhofr | 2009-08-29 07:27 | Repas 食


<< 桜木町〜野毛で焼き鳥      山形県の枝豆、だだちゃ豆 >>