2009年 07月 31日

韓国人の子がつくるビビンバはやっぱりとても美味しい!

数週間前、韓国人の子にビビンバを御馳走になりました。

わたしは韓国人の子のビビンバの作り方に興味があったので、ずっと彼女の横について手伝いながら見ていました(笑)。

野菜はタマネギ、にんじん、クルジェット(ズッキーニ)、茄子、干し椎茸。(もやしをいれてもOK)

野菜を切って、タマネギから順番に炒めていきます。油で炒めて塩でしっかり味をつけて、順番にお皿に取り分けていきます。クルジェットと茄子にはニンニクをつぶしたものとさらにごま油も入れて炒めます。戻した干し椎茸は細く刻んでから、炒める前に醤油とごま油と塩(たしか)でよく合えてから炒めます。
それから半熟目玉焼きを作ります。
b0182143_7731100.jpg

ご飯をよそって、炒めた野菜を上にのせて目玉焼きものせて、目玉焼きの上に少しごま油をたらします。
食べる時に「挽肉がすでに入っているコチジャン」を入れてよ〜く混ぜて召し上がれ。

この自家製の挽肉コチジャン(写真下)が美味しかったです。はちみつやりんご汁などを入れて作るそうですが美味しい甘辛ソースです。挽肉にも熱を通しているから日持ちするそうです。
b0182143_783423.jpg

私は自分でビビンバを作るときは野菜を全部一緒に炒めてつくっています。最初にみた日本人のビビンバのシピがそうだったからなんですが、韓国人の彼女がビビンバをつくるのを見ていたら別々に野菜を炒めてつくるのも、少しは手間でも時間的にはそんなに大して変わらないかもしれませんね。

ビビンパ以外にも、豚肉の背肉を焼いたのと紫キャベツの即席漬けをつくってくれました。

紫キャベツの即席漬けが美味しかったです。
醤油、粉唐辛子、お米の砂糖(シロップ状です)、ごま油、塩、お酢 でタレをつくっておいて、そこに紫キャベツを千切りにして混ぜるだけ。

人と一緒につくると作り方が自分と違ったり、色々と発見があって面白いですね〜!


余談: 私の小型カメラが壊れているので呼んでくれた韓国人の子のカメラで撮らせてもらいました。というわけでブログのアップがかなり遅くなりました。
私がずっと使っていた小さいデジカメ、実はニームに行った時に壊れてしまって最近のブログの写真は七年前に買った古いデジカメで撮ったものです。少々大きいですがいい仕事をするOlympusのデジカメ。
というわけでニームの記事も張り切って予告までしたくせにまだというわけです(笑)。
[PR]

by mizuhofr | 2009-07-31 07:13 | Repas 食


<< 飛行機がらみのハプニング発生      リヨン風ランチ DEJEUNE... >>