「ほっ」と。キャンペーン
2009年 07月 18日

私を送る会 POT DE DEPART

今週は公私共に忙しい週で、職場では私の壮行会も開いてくれました。

皆から記念にリヨンの絹のスカーフを贈られました。
リヨンは絹織物で有名です。パリのオートクチュールもリヨンに発注が来ることが多いようで、昔からヨーロッパの絹の街と言われています。
軽くてスーツケースの場所もとらなくてリヨンらしい、ということで、リヨンの絹のスカーフを選んでくれたようです。

少し前に同僚の一人の友人が「mizuhofrはスカーフはよくするの?」と聞いてきたので「はは〜ん、スカーフだろうな」と思ってはいたのですが、上品な紫色のスカーフで驚く程私に似合う(自分で言ってるので世話ないですが(笑))のを選んでくれました。
b0182143_2110962.jpg


各自が持ち寄りのパーティで、私は春巻きを作って持っていったのですが、大好評でした。
母方がアジア人という同僚もココナッツととり肉を炒めて麺にからめて食べるアジア料理をもってきてくれて、生姜とニンニクがよく効いていてとても美味しかったです。
アジア料理ではありませんが、ホタテのタルト・サレ(塩味のタルト)を作ってきてくれた人がいて、これもとても美味しかったです。海のものということで、魚介類が豊富な島国から来た日本人の私を連想してつくってきてくれたとのことでした(笑)。
デザートのうちの一つでチョコレートケーキなんですが、中にフランボワーズを入れて焼いていたのが甘酸っぱいのとチョコレートとでいい味でした。
こういうパーティーはいろんなものが食べれるので楽しいです。

日本らしいデコレーションを何か持ってきてくれないかというので、思いついて折り紙を折って持っていったら、やたらと感心されました。これは学校で習うのかと聞いてくるので驚いて笑ってしまいましたが日本人にとってはおなじみですよね。一つもらっていってもいいかという同僚たちが私が折ったのを全部もって帰ってくれました(笑)。
[PR]

by mizuhofr | 2009-07-18 21:14 | France 仏蘭西


<< トマトとクルジェット(ズッキー...      リヨン古代ローマ劇場で映画上映... >>