2009年 07月 14日

リヨン古代ローマ劇場で映画上映 Les Nuits de Fourvière / ヘアー Hair (1979)

フルヴィエールの夕べの2日目は「Hair ヘアー(1979)」でした。

ローマ劇場にぎりぎりに到着したら、昨日よりも随分人がいたこともあって、上の方の席になりました。おかげでいい景色が見れましたが(笑)。随分上の席だったにも関わらず、画面が大きいので見やすかったです。
b0182143_10294983.jpg

天候の様子が芳しくないということで少し様子を見ていて、開演が遅れました。もし上映できなかったら今日のチケットを別の催しに振り替えますと冗談混じりにマイクで話していましたが、結局無事に上演。
途中パラッとだけ雨が降りました。

ヘアーHair / ミロス・フォアマン Milos Forman (1979)

監督は「アマデウス」のミロス・フォアマン。
元々1960年代後半~1970年代初頭にかけて上演されたミュージカルが映画化されたものです。

最初の方はどうも映画に入っていけない感じがしましたが、進むにつれて面白くなっていきました。ヒッピーイズムとベトナム反戦のからみ。音楽もひとつひとつ丁寧というか、まあミュージカルだから当たり前かもしれません。こういうヒッピーがらみの音楽が好きな人には本当にたまらないでしょうね。私の後ろの席に座っている人達は一緒に歌ったりしていましたから、好きな人は大好きな映画でしょうね。今日の来乗客はこの音楽目当てで来た人が大半なんじゃないかと思います。
最期の曲は有名な曲で、私も「ああこれは!!」と思いました。

Aquarius-Let the Sunshine In 『HAIR』 The 5th Dimension
ミュージカルの最初の曲と最期の曲を合わせたAquarius-Let the Sunshineです。
The 5th Dimensionはこれで1969年に全米第一位になりました。

ヒッピーグループの中心役のトリート・ウィリアムズは人なつこい笑顔で憎めない雰囲気がよく出ていました。最期はちょっとその展開に驚きますね。

でも昨日の映画と比べると、私は昨日のキャバレーの方が良かったかなと思います。ライザ・ミネリの魅力とダンスが本当に強烈でしたからね。

高い席に座ってみていたので、途中遠くにフランス革命前夜祭の花火が見えました!花火が見えるかなと少し思ったりしていましたが、高い席に座ったお陰で花火が見れてちょっと興奮。

ローマ劇場の映画上映はいいんですが、石の座席なのでおしりが痛くなるのが難点。何度も体勢を変えながら見ることをお勧めします(笑)。
[PR]

by mizuhofr | 2009-07-14 10:44 | Cinéma 観


<< 私を送る会 POT DE DE...      リヨン古代ローマ劇場で映画上映... >>