どこにいても La vita e bella !

mizujapon.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 13日

リヨン古代ローマ劇場で映画上映 Les Nuits de Fourvière / キャバレー Cabaret(1972)

リヨンにはフルヴィエールの丘というところに古代ローマ劇場が残っていて(リヨンの歴史地区はフランスの世界遺産に指定されています。Wikipedia、リヨンの歴史地区)、毎年夏にはLes Nuits de Fourvière(フルヴィエールの夜)という恒例の催しがあります。この期間中には著名なアーティストのコンサートや演劇、ダンス、映画上映などが催されるんですが、今年は6月5日から8月1日まで。

◆Les Nuits de Fourvière
http://www.nuitsdefourviere.fr/

今年は7月12、13日と二夜連続でローマ劇場での映画上映。
さっそく一日目の「キャバレー Cabaret(1972)」の上映に行ってきました。

b0182143_9103849.jpg

Les Nuits de Fourvière(フルヴィエールの夜)の映画関連の催しはINSTITUT LUMIEREが運営に携わっているので野外上映のボランティアをしている私たちは招待で行くことができます。(参考INSTITUT LUMIEREの野外映画上映

映画が始まるのは22時。良い機会だというわけで、2日間あるうちの初日の今日は映画の始まる前にボランティア仲間と食事をしました。

フルヴィエールの丘のすぐ下はVIEUX LYONというリヨンの旧市街地で、リヨンの郷土料理が食べれるレストランが集まっています。
VIEUX LYONで食事をしてからローマ劇場へ。

b0182143_9234487.jpg
今日は結構暑い日で、ローマ劇場は風が吹いていて気持ちが良かったのですが、ローマ劇場の石階段だと夏でも夜はかなり冷えることもあるので防寒対策をして行った方がいいと思います。前に初めて行った時は結構寒くて、そういうことを分かっている人達は毛布などを持ち込んでローマ劇場で寝転がって映画を見ている人もいました。

b0182143_9224326.jpg
野外上映は野外上映でも、ローマ劇場での野外上映は町中の公園などの上映とはかなり違う雰囲気です。階段式なので上の方に座っても画面が見やすくて、かえって映画もよく見れます。ただ石の座席なので座り心地は座り方を工夫した方がいいかもしれません。一応ミニ座布団は配布されます。
ぼんやりとライトアップされた古代ローマ劇場が幻想的な雰囲気です。

今日の上映はライザ・ミネリ主演のあの「キャバレー」でした。ずっと見たいと思っていたのですが、とても良かったです。一緒に観に行ったボランティア仲間も「思っていた以上に良かった」と口々に言っていました。
独特の世界観で、アカデミーを八つの部門でもらったというのも納得です。ローマ劇場の大画面で見れたのもラッキーでした。こういう雰囲気で見るのにぴったりの映画だと思いました。
ライザ・ミネリはすごいですね。魅せます。それに助演男優賞をもらったジョエル・グレイやライザ・ミネリの相手役のマイケル・ヨークも良かったです。

Les Nuits de Fourvière(フルヴィエールの夜)の去年のプレゼンテーションビデオがありました。雰囲気が分かるので、ご覧になりたい方はどうぞ。
◆Les Nuits de Fourvière(www.dailymotion.com)
[PR]

by mizuhofr | 2009-07-13 09:34 | Cinéma 観


<< リヨン古代ローマ劇場で映画上映...      帰国がらみのひとりごと >>