どこにいても La vita e bella !

mizujapon.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 04日

ジャズ・ゴスペルコンサート Concert JAZZ'PIRINE

b0182143_352745.jpg
昨日ジャズ・ゴスペルのコーラスに参加している友人のコーラスグループのコンサートがありました。
場所はカルチャースペース、高校のステージ(?)のようなところです。

このコンサートがなければ映画祭りの映画3ユーロでL'Age de glace 3 - Le Temps des dinosaures (Ice Age: Dawn of the Dinosaurs 3D)を3Dで観ようかなとも思っていたのですが、このコンサートに行くと言っていたので、こちらに。

この友人はずっとコーラスに参加している人です。コンサートをするというので、どんな感じなんだろうと思っていたら、ジャズ・ゴスペルの知っている曲がほとんどでとっても良かったです。
やり方もとても和やかな上にのっていて、コンサートの運営の仕方もいいなと思いました。
ちなみに料金は最期に好きなだけ子どもが持っている箱にお金を入れるというものです。
どれぐらいの人が来るのかなと思ったら会場は一階席は満員、二階席にもかなり人がいました。

JAZZ'PIRINE
CONCERT DU 3 JUILLET 2009

★Down in the River to Pray
★Oh when the Saints
★Joshua fit the Battle of Jericho
★I will sing Hallelujah
★My Funny Valentine
★Blue Kiss from Brazil
★Jada Jazz !
★Sing sing sing
★Emblaceable you
★One note samba
ワンノートサンバはボサノバの曲で、私はポルトガル語と英語のバージョンはよく聞きますが、フランス語で歌っているのは初めてだったかもしれません。
Tom Jobim - One Note Samba
★Fum' plus
★Goodbye Love
★Le Blues à 12/8
★Qu'est c'qu'on attend pour être heureux
Thierry Le Luron-Qu'est ce qu'on attend pour être heureux?
これはたぶんフランスにいる人ならどこかで聞いたことがあるメロディーなんじゃないかと思います。

Piano: Frédéric Allérat
Contrebasse: Pierre Jost
Batterie: Juan Perez
Direction musicale: François Bessac et Isabelle Prin

ピアノとベース、ドラムはプロの人なのか、途中で即興のジャズセッションもありました。

◆追記
画像が表示されないと指摘してくださった方がいましたので、スクリーンショットで画像を撮り直してアップし直しました。
このコーラスに参加している友人が送ってくれたメールに添付されていたコンサートのチラシです。あまり大したものではなかったかもしれませんが(笑)。
実は私のカメラが壊れてしまってしばらくはブログに写真を載せることができないかもしれません。
[PR]

by mizuhofr | 2009-07-04 18:54 | Musique 音


<< L'Histoire ...      FETE DU CINEMAで... >>