2009年 06月 30日

映画 アンチ・キリストAnti Christ / ラース・フォン・トリアーLars von Trier

アンチ・キリストAnti Christを見てきました。
ダンサー・イン・ザ・ダークDancer in the Darkのラース・フォン・トリアーLars von Trier監督作品です。

この映画、一般的にはお勧めできません(笑)。少し過激すぎるかもしれないからです。でも私は好きでした。最近見た映画の中では一番気に入りました。
映画の中に入っていける映画だと思います。ダンサー・イン・ザ・ダークが好きだった人は気に入るかもしれません。人間の心の中を表しているというか。でも反対派と賛成派で物議をかもしている映画ですから見る場合は一応そういうことは頭に入れておいてからの方がいいです。
ジャンルはホラー映画で16歳以下お断りとなっています。ホラー映画っていう感じとは違うと思うのですけど、確かにえぐいところがあるからでしょうか。
でも映像はとても丁寧につくられていて、嬉しいです。

描写が性的描写だけでなくて、他にもかなり(「とっても」と言った方がいいかも。こういうのに慣れていない人にはショッキングかも?)残酷なところが一カ所ではありません。
一緒に行った一人のフランス人の女の子は何度も目を塞いで、辛そうでした。
終わった後私ともう一人が「良かった!」と言っていたら、「こういう映画をいいというあなたたちとはもう映画に行けない!」と言っていました(笑)。

描写は過激ですが、映画として面白いと思います。

内容は、死んだ子どものことでショックが強い妻と心理療法士のパートナーが森の中の家で心の回復を計るというものです。

登場人物はウィレム・デフォーWillem Dafoeとシャルロット・ゲンズブールCharlotte Gainsbourgだけ(赤ちゃんも少し出てきますが)でシャルロット・ゲンズブールは今年2009年のカンヌでこの映画で最優秀女優賞を受賞しました。

◆Antichrist公式ホームページ
動画が見れます。
b0182143_851571.jpg

[PR]

by mizuhofr | 2009-06-30 09:07 | Cinéma 観


<< FETE DU CINEMAで...      一週間映画3ユーロ FETE ... >>