「ほっ」と。キャンペーン
2009年 06月 27日

是枝裕和の映画を2本みて Kore-eda

b0182143_1711415.jpg
この前「歩いても歩いても」Still Walkingを観に行きました。
映画自体はとても気に入ったんですが、一緒に観に行った子のことでいたたまれなくなってしまいました。
その子は大事な人の突然の死というものを比較的最近に経験した人です。

お墓参りのシーンやらでその子は静かに泣いていました。「おくりびとは個人的理由で見たくない、良い映画には違いないんだろうけど。」と言っていた彼。今日の映画館では普段彼が見せない隠していた部分を見てしまったようで、映画の場面が横にいる彼の涙へ思いにすり替わってしまいました。

というわけで「歩いても歩いても」Still Walkingは映画以外の所で少し心を動かされてしまったところもあったんですが、この映画とても美味しそうなものや、料理をしているシーンがたくさんありますね。とうもろこしの揚げたのが美味しそうでした!

一緒に映画をみた子たちの中に韓国人の子もいて、この映画を観てこういう日本食を食べたくなったようです。さすがに、要望のレベルが高い!! この映画に出てくる料理って家庭料理です。日本人の私にとっては、いいなあ〜というものでしたが、同じことをお隣の国の子も思ったようです。
日本食が食べたい、イコール、寿司が食べたい。というのとは違います(笑)。

ブルーライト・ヨコハマが懐かしい!帰ってからYou Tubeで聴きまくりであります。

海外でみているせいかなのか、ものすごく日本を感じる映画でした。いろんな意味で。


b0182143_17143639.jpg

私は2004年のカンヌで柳楽優弥が主演男優賞をとった「誰も知らない Nobody Knows」をまだみていなかったので、歩いても歩いてもをみた後で友だちから借りて見ました。

これは題材がまず凄まじいですよね。1988年の巣鴨子供置き去り事件を題材にしているということですが、考えさせられてしまいます。映画自体は好きですが、悲しくて残酷ですね。やるせなくなります。

主演の柳楽優弥、すごくいいですね。表情がまずいいですね。確かにこれだったら主演男優賞もうなずけるなと一人で納得していました。
ある人に「誰も知らない Nobody Knows」をみたけど、あの子(柳楽優弥)いいよね〜と言ったら、「うん。今どうしてるの?」と聞かれました。

◆歩いても 歩いても公式ページ

◆誰も知らない Nobody Knows 公式ページ
[PR]

by mizuhofr | 2009-06-27 17:19 | Cinéma 観


<< ほたてマヨネーズ和えサラダ      ベトナム春巻きネムの会 Soi... >>