2009年 06月 04日

かわいそうな(誰が?)

私だったら、彼に振られたという理由で夜の三時に友だちに電話しようとは思いません。

。。。といきなりですが(笑)。



私はアパートをフランス人の同居人Pちゃんとシェアしているんですが、奴は私よりも随分と年下で、今や「フランスの弟」と化している人です。
今修士論文の最後の土壇場で忙しくしていて、夜も随分と遅くまで起きています。
私もちょっとその生活リズムに感化されて(?)次の日仕事のくせに夜更かししていたのです。

夜中、Pちゃんが私の部屋に来た音がしたので「まだ起きてるの。明日仕事なんだから寝ないとダメだよ」とでもいいに来たのかと思ったら(よく言いにくるので(笑))

何だか様子が違います。
P「ちょっと今からX子の所に行ってくる」 
私「??!!!??............ °\o/°」
三時です!こんな時間に何しに行くの?私が言葉を発する前に

P「X子がY男に振られて泣きながら電話かかってきた。」
私「。。。。。Y男と仲がいいのは知っているけど、X子ともそんなに仲がいいの?」
P「いや。でも僕が夜遅くまで起きてるを知ってるから電話してきたんだと思うよ。」

呆れた、というか腹が立ってきました。
Pも実は寝ていたらしいんですが、携帯は切っていなかったので、携帯の音で起こされてしまったようです。

修士論文をまさに明日まで仕上げようというその時に、彼氏に振られた友だちから電話がかかってきて、一人ではいたくないというその子ところへ行く。遠くないし歩いていけるところなのでいいと言ってPちゃん、コンピュータ持参で話を聞きに行きました!
青春ですね〜。大人でもあるかもしれまが、久しぶりにこういうのに遭遇しました(笑)。細かい内容は割愛しますけど(笑)。

X子には同情しますが、私の同居人PちゃんもPちゃんです。私もPちゃんの論文のことで心配していたところなので、なんで今行く必要があるの?とこの状況に腹がたってしまいました。でも人間が出来ているPは「こういう時、一人で居たい人もいるけど、一人ではいてもいられない人もいるんだよ。」と恋愛エキスパートのようなことを言って、心配しないでねと言って静まり返った夜の街に出かけていきました(笑)。Pのことを心配していた私はチッ、しょうがないなとふてくされておりました。

私が失恋したとしたらあまり人に言いません。言いたくないです。でも友だちみんなに言いまくるという子もいますし、これについても皆いろいろですね。それにしても、自分が大変なのに、そんな時にも友だちの元へ行くPちゃん、出来た奴です。

ちなみにPちゃん、朝まで話を聞いてあげて、ちょっと仮眠をとり無事に仕上げました!エラい!まあ選択肢はなかったわけですけどね(笑)。
ヨカッター!
[PR]

by mizuhofr | 2009-06-04 09:20 | Vie quotidienne 日々


<< 私の好きなキヌアサラダSala...      ちょっと回想、そしてこれから >>